親知らずは若いうちに抜いた方がいいってホント?

  • 作成日:2016.12.22
  • 更新日:2017.04.12
健康

親知らずは若いうちに抜いた方がいいというウワサは本当でしょうか? 専門家にご意見を伺いました。どのタイミングで親知らずを抜くのがいいのか、そしてその理由についてご紹介します。

20代男性からの相談:「親知らずは若い時に抜いた方がいいというのは本当ですか?」

大学生の頃に親知らずが生え始めました。
上の方は綺麗に生えてくれたのですが、下の方が両方斜めに生えてしまい、くぼみができて食事の際にいつも食べカスが詰まってしまいます。
それでも毎食後に歯間フロスとブラシを使い綺麗に取り除いているからか、その後10年間虫歯にもならずに過ごせています。しかし、毎食後の歯のケアに取られる時間を考えてみるとやはり抜いた方がいいのかなとも思い始めてきました。
親知らずのウワサを耳にしたのですが、抜くなら若い年代の方がよく、加齢につれて抜くのが難しくなってくるとあったのですが、それは本当なのでしょうか。27歳という年齢なので抜くなら今なのかなと悩んでいます。

似た質問もチェックしてみましょう
>>親知らずを放置してたら?が腫れてきた…病院に行くべき?

親知らずは抜くなら若いうちが最善

親知らずを若い時期に抜いておいた方がいいというウワサは本当だと専門家はいいます。その理由とは何でしょうか。

いずれ抜くのであれば、親知らずは若い時に抜いたほうがいいというのは本当です。一生抜かないで過ごされる方もいます。(歯科衛生士)
抜歯は小手術です。単純ですが、傷口の治りは若い方がいいです。骨折などでもそうですが、20歳で骨折するのと60歳で骨折するのでは、治り方が違います。(歯科衛生士)
健康であっても、年齢を重ねるにしたがって、創傷治癒力が低くなって来ます。いつかは抜くことになるかもしれないとお考えでしたら「今」というのが最善かもしれません。(歯科医)

年齢を重ねていると疾病リスクが高まり、抜歯できない状況に陥ることも

年齢を重ねるにつれて、病気の要因は増えていきます。様々な病気にかかることで、抜歯が難しい状態に至ってしまう可能性もあります。だからこそ、若い頃には抜歯できる環境があるといえるのです。

手技的なところでは、抜くのが難しくなるということはあまりありません。しかし、加齢に従って、高血圧、糖尿病などのいわゆる生活習慣病なども含め、様々な全身疾患の発症率が高くなります。(歯科医)
疾患にもよりますが、抜歯にあたり、作用効果や時間が少ない麻酔薬しか選択できなかったり、普段毎日飲んでいる薬の服用を一時中止してもらわなければならなかったり、急性症状が起きた場合に即時対処してもらえるような施設で処置する必要があったり、などといったように、患者さんの負担が大きくなってしまう場合があります。(歯科医)
加齢につれ全身疾患や服薬の関係で、簡単には抜歯を行うことができない状況になる可能性もあります。(歯科衛生士)

斜めに生えている親知らずには注意

斜めに生える親知らずは口内環境を悪化させるリスクをはらんでいますので、早めに抜くのがいいと専門家はいいます。

斜めに生えてきてしまっている親知らずは、今後も上の歯とかみ合うことはなく、歯として機能する可能性がありません。歯磨きの手間や、手前の歯が虫歯になってしまうリスクを考えると、早目に抜歯してしまった方がリスク回避もでき、歯磨きの手間や食べカスが詰まるわずらわしさからも解放されてよいかもしれません。(歯科衛生士)
斜めに生えた親知らずの抜歯は必ず口腔外科か口腔外科出身の歯科医師に行ってもらうことをお勧めします。(歯科衛生士)

親知らずを抜くのが若い方がいいという理由は、傷の治りが早いこと、生活習慣病などにかかっている可能性が低いことなどからいえることだといいます。ですから、悩んでいるのであれば、親知らずを抜くタイミングは今ということになるでしょう。

【10月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!