立ちションは尿漏れを起こす?! 専門家による座りションのススメ

  • 作成日:2016.12.20
  • 更新日:2016.12.19
健康

尿漏れで股間が濡れてしまうこと、ありませんか? 今回の相談者さんも同じ悩みを抱えています。どのように尿漏れを防げばいいのでしょうか。専門家に聞きました。

30代男性からの相談:「尿漏れの原因は前立腺の肥大なのでしょうか?」

尿漏れがひどいです。今までそんなに感じていなかったのですが、ここ最近になって急に尿漏れが気になりだしました。
トイレできちんと尿をきってでたつもりでもパンツが濡れてしまっていたり、場合によってはズボンが染みていたりと、スーツのような厚い生地でもしみていたりすることがあるので相当量が出ていると思います。
残尿感の感じはないのですが、前立腺肥大が始まっているのか他の要因があるのか気になっています。
尿漏れを治すにはどうしたらよいのでしょうか?

似た質問もチェックしてみましょう
>>尿切れが悪い…どんな対策が必要でしょうか?

まずは簡単にできる改善方法を学んでおこう

専門家がおすすめする簡単な改善方法があります。まずは、こちらを試して効果があるかを見ていきましょう。効果が見られない場合は病気である可能性もあります。

改善方法としては、洋式トイレで尿が出きるまで待つという方法があります。その他、漢方やサプリメントを利用したり服に尿がつかないように尿パットなども予防的に使用するといいです。それでも改善されないようであれば、病院へ受診しましょう。(看護師)
尿の出た時の勢いもなく、残尿感もあり1日に6回以上頻繁にトイレに行くなどありましたら前立腺肥大も考えられます。病院の泌尿器科に受診をされることをお勧めいたします。早期の前立腺肥大症でしたらお薬で改善できます。(医師)

尿漏れを防ぐには専門家がすすめる座りションを

年齢を重ねることで尿漏れを起こしてしまうのは、仕方のないことです。しかし、少しの工夫で改善していくこともできます。専門家は座ったまま用を足す座りションが有効だといいます。

尿漏れは年齢と共に酷くなっていきます。それは、膀胱の筋肉が緩くなってしまったり女性に比べて尿路が長いために出しきれなかったり、男性ホルモンの影響から肥大化してしまったりすることで起こります。(看護師)
最初は、尿を出した後も残った感じがしたり、尿に勢いがなく途中で切れたりする症状から始まります。相談者さんは残尿感がないようですが、自分では気づいてないくらいの尿がまだ残っているということもあります。(看護師)
尿漏れの原因は、尿管と尿管の間に狭い部分があり、出しきったつもりでも尿管に残った残尿がしまう時の角度で尿管を狭めていたところが広がってしまうことです。(医師)
立ったまま尿を出した時に起こり、しっかり出しきっても出てしまいます。(医師)
便器に座った状態で排尿すると残尿感もなくしまった時も尿漏れがないはずです。座ったときに尿管が広がるためです。(医師)

尿漏れで服が汚れると、その日1日が憂鬱なものになってしまうかもしれません。なにより、歳をとってしまったというえもいわれぬショックがあるでしょう。しかし、ちょっとした工夫をしていくことで、改善できるかもしれません。まずは、自分でできる簡単な対策を講じていきましょう。

最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

血圧下げる一番効率の良い方法まとめ【上130以上は注意!】

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【悪玉コレステロールを下げる方法まとめ】健康診断で引っかかった人必見!

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!