メタボ必見!楽にお腹の脂肪を落とす解消法とは?*

  • 作成日:2016.11.14
  • 更新日:2017.07.11
メタボ

メタボ解消の悩み

メタボリックシンドロームは腹囲周りが85センチ以上で血圧や中性脂肪、血糖値が水準以上を記録した状態であり、生活習慣病の一歩手前の状態であると言ってよいでしょう。

メタボと診断されてしまった場合、単に肥満傾向にあるだけではなく、実際はメタボではない人と比べ死へ向かうリスクが高く、かなり危険な状態であるという自覚をしてなくてはなりません。

成人男性がメタボに陥ってしまう要因は主に日常生活の中に潜んでいます。まずは生活習慣の見直しを始めることがメタボ解消の第一歩となります。

少しでも体型にコンプレックスを抱いていたり、病気になるのが怖い、早死したくないと思った方は今すぐに生活習慣の改善を行ってください。

では具体的にどのような方法で改善していくのかメタボになるメカニズムと共に考えていきましょう。

年齢と共に低下する基礎代謝

「若いころはいくら食べても太らなかった・・・なのに今はそのころと変わらない食生活にも関わらずメタボリックシンドロームになってしまった。」

このようなお悩みの抱えている方は多いと思われます。

その原因は、年齢と共に”基礎代謝量が減っている”からです。

■基礎代謝量とは?

基礎代謝量というのは安静時に使われるエネルギー消費量のことで、基礎代謝のカロリー消費は主に骨格筋・肝臓・脳で使われます。

基礎代謝量は10代後半をピークに加齢とともに低下していき、ピーク時の15~17歳のときに比べ50代男性は約200キロカロリーほどの差があります。

低下する原因は主に筋肉量の低下で、加齢とともに骨格筋が減少していくことにより、消費カロリーもそれに伴い低下していきます。

大体30代から加齢による筋肉量の低下は始まる傾向にあり、昔と同じ食生活を行っていてもメタボになってしまったのはこれらが原因となっています。

年齢 基礎代謝基準値
(kcal/kg体重/日)
参照体重(kg) 基礎代謝量(kcal)
10~11歳 37.4 35.6 1330
12~14歳 31.0 49.0 1520
15~17歳 27.0 59.7 1610
18~29歳 24.0 63.2 1520
30~49歳 22.3 68.5 1530
50~69歳 21.5 65.3 1400
70歳以上 21.5 60.0 1290


メタボ解消のカギは基礎代謝の向上にアリ!

■ダイエットに失敗する理由

ダイエットには欠かせない有酸素運動、ウォーキング30分間行うと約80~100キロカロリー、ジョギングでも200キロカロリー弱で毎日行ったとすると
1ヶ月に5670キロカロリー、脂肪に換算すると787g程度にしかなりません。

運動を行っているにも関わらずダイエットの成果が出ないのは
辛さのわりに消費カロリーが少なく、食生活の改善が行われないと「運動を行っているだけでは思うように痩せない」という事実にぶつかり、ダイエットを挫折してしまう傾向にあります。

逆に、食生活だけを改善し摂取カロリーを消費カロリーよりも少なくすれば確実に痩せることはできます。
だがしかし、運動を全く行わないと筋肉量の低下を招き、基礎代謝が低下した結果、リバウンドの危険性も潜んでいます。

■ダイエット成功の秘訣

メタボ解消への近道は、ずばり「基礎代謝の向上」にあります。
基礎代謝を向上させることにより、脂肪を燃焼しやすい身体になります。運動で基礎代謝量をあげることが必要になってきますが、すぐには効果が出るわけではありません。

そこで基礎代謝を高めるダイエットサプリメントを効果的に使用することにより時間をかけずに基礎代謝を上げることができ、痩せやすい体質にすることができます。


>>今話題のダイエットサプリを見てみる<<

葛の花イソフラボンによる脂肪に対抗する3つの力


pixta_11844888_M

年齢を重ねることによって基礎代謝が落ち、脂肪を分解する力や燃焼する力が衰えていくことがわかりました。

今話題となっている脂肪を燃焼することに焦点を当てた「シボヘール」というサプリメントについてみていきましょう。

シボヘールは機能性表示食品のため、科学的根拠に基づいた効果が実証されています。

BMI25~30の被験者を対象に「葛の花由来イソフラボン」を配合したものと非配合のものを摂取させたところ、葛の花由来イソフラボン配合のものを摂取した人たちは平均-20c㎡減少したという臨床試験の結果が出ました。

この結果の裏には葛の花由来のイソフラボンに3つの脂肪に対抗する力があることがわかりました。

1.脂肪の合成を抑える

燃焼しきれず余ってしまったエネルギーは肝臓で中性脂肪と合成され身体の各部に体脂肪として蓄積されます。
葛の花に含まれる7種類のイソフラボンには中性脂肪の合成を抑制する働きがあり、体脂肪として蓄えられるのを防ぐ効果があります。
今後の食生活によって新たに脂肪が溜まってしまうこと防ぎ、効率よく痩せるように働きかけます。

2.脂肪の分解を促進する

体内に蓄積されてしまった体脂肪はそのままではエネルギーとして燃焼させることはできません。
体脂肪を一度脂肪酸に分解する必要があり、この分解する力は加齢とともに落ちていきます。
葛の花由来イソフラボンに含まれているサポニンには脂肪を分解し脂肪酸にする力をサポートしエネルギーとして使用されやすくする働きがあります。

3.脂肪の燃焼を促進する

分解された脂肪酸は褐色脂肪細胞とよばれる細胞によって燃焼されます。
この細胞もまた年齢にともなって少なくなっていき、脂肪酸を燃焼する力も弱まっていきます。
脂肪酸は燃焼されずに余ってしまうと中性脂肪と合成され再び体脂肪になってしまうため、脂肪酸を効率よく燃焼することがダイエットには必要不可欠です。
葛の花由来イソフラボンには褐色脂肪細胞の働きを活性化させる効果があるため、脂肪を分解し、エネルギーに変換されやすい体質になっていきます。

葛の花由来イソフラボンのこれら3つの効果によって、身体に溜まった脂肪を効率よく燃焼し、脂肪が溜まりにくくなることによって、体内の体脂肪を減らしていくのです。
基礎代謝の低下によって衰えた褐色脂肪細胞の働きや体脂肪を分解する力をサポートすることによって代謝を上げるため、年齢を重ねるごとに体型が気になってきた方にもオススメです。

シボヘールの効果的な飲み方


33421_L

飲むタイミングに関しては特に決められていません。しかし継続して3ヶ月以上飲むことによって効果が現れるため、1日4粒を毎日摂取することを忘れないようにしましょう。

ビタミン剤のように一度にまとめて服用すると吸収されず排出されてしまうようなことはないので分けて飲む必要はありません。

また、4粒以上摂取しても身体には問題はありませんが、多く飲むことによって効果が強く現れるということはないので1日に4粒服用でよいでしょう。

シボヘールを買うのはどこがお得?

シボヘールはどこで購入するのがお得なのか調べてみました。

まず薬局やドラッグストアにて取り扱いがあるのかどうか調べたところ、実店舗での取り扱いはなく、通販のみとなっているようです。

また楽天やamazonでの取り扱いもなく、公式サイトからの購入のみ行っているようです。

初回限定で980円(送料無料)2回目以降3,218円で購入できるのでお試ししてみてはいかがでしょうか?



>>公式サイトはこちら<<

この記事を「いいね!」する

肥満で血圧が心配な方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

手軽に血圧を下げたい!1番簡単に下げる方法まとめ

血圧を下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のために血圧を下げる1番手軽な方法を紹介します!