1日に何度も起こる突然の下痢!原因は何だ?

  • 作成日:2016.06.11
  • 更新日:2016.06.03
健康

お腹の具合が悪く突然の下痢に襲われることはありますが、それがしょっちゅうだと生活に支障が出てしまいます。特に思い当たる原因がないのに何度も下痢を繰り返す場合、どのようなことが考えられるのでしょうか。

30代男性からの相談:「何度も繰り返す急な下痢。どうすれば改善できる?」

食生活やライフスタイルは特に変わっていませんが、20代後半ころから1日に4~5回程度急な便意を感じて下痢をするようになり、決まって朝食の後はトイレに行きます。仕事で外出が多いのですが、会議中でも5分10分の我慢ができないため、商談にも支障が出そうで不安です。毎日5本以上飲んでいたブラックの缶コーヒーをやめても治りません。原因は何なのでしょうか?よい改善策はあるのでしょうか。(30代・男性)

過敏性腸症候群の可能性も

急な下痢を繰り返す場合は細菌やウイルス感染の他に、ストレスなどが原因で起こる過敏性腸症候群の可能性もあると、医師や看護師さんは説明しています。

緊張する場面やすぐにトイレに行けない状況下で下痢を起こす場合、ストレスによる過敏性腸症候群が考えられます。過敏性腸症候群には下痢型と便秘型、それを繰り返す混合型があり、感染などの原因がなく胃腸の疾患もありません。過敏性腸症候群の治療は、内服治療・食事療法・運動療法があり、場合によっては心療内科でのカウンセリングも必要となります。(医師)
急な便意の原因は細菌やウイルス感染、食生活、ストレス、気温差、運動不足などが挙げられます。また最近では、過敏性腸症候群で下痢や腹痛を訴える方が増えており、ストレスを溜めない、食生活を改善する、水分の摂り方に気をつけることが大切です。(看護師)
過敏性腸症候群は感情表現が苦手な方やストレスを発散できない方に多く、自分ではストレスと感じていないと思っていても身体が勝手に反応することもあります。なるべくストレスをためないようにし、運動や趣味などで気分転換してください。トイレを気にするのもストレスになるため、他のことを考えて気分を紛らわせましょう。(医師)

刺激物の摂取は控え、腸内環境を整える

食生活での注意点としてアルコールやカフェインといった刺激物は控え、腸内環境を整えることが大切だとアドバイスいただきました。

食事は脂肪分を多く含むもの、アルコールやカフェインや刺激物は控え、消化のよいものをゆっくりよく噛んで食べましょう。冷たいものや炭酸飲料も胃腸を刺激するため、温かい物をゆっくり飲むようにしてください。(医師)
コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは、交感神経を刺激して自律神経が不安定になり下痢の原因となるため、コーヒーや緑茶を摂りすぎないようにしましょう。腸内環境を整えるため乳酸菌を意識的に摂取するとよいですが、乳酸菌が生きたまま腸に届くタイプのサプリメントを利用するとよいでしょう。(看護師)

1日に何度も激しい下痢が続く場合、過敏性腸症候群の疑いがあるかもしれません。食生活の改善の他にストレスをためないよう心がけ、それでも症状が続く場合は病院を受診してみましょう。

【12月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

血圧下げる一番効率の良い方法まとめ【上130以上は注意!】

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【悪玉コレステロールを下げる方法まとめ】健康診断で引っかかった人必見!

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!