思春期から続く“わきが”の悩み……より効果的な予防法は?

  • 作成日:2014.10.21
  • 更新日:2015.08.11
体臭

なかなか解消されない“わきが”の悩み。今回は若い頃からわきがに悩んでいる方からの質問です。こまめにシャワーを浴びたり、制汗剤を使ったり、ケアしているにも関わらず、少し動くと臭ってきて困っているといいます。よりよい解決法はないものでしょうか?

30代男性からの相談:「思春期から続くわきがについて」

思春期の頃からわきがの臭いに悩んでいます。現在は朝、出社前に必ずシャワーを浴びているのですが、少し歩くなど身体を動かせば嫌な臭いが出てくるようです。制汗剤は塗るタイプやスプレータイプを使っていますが、持続的な効果は見込めません。すぐにわきがの臭いが勝ってしまい、制汗剤の匂いと入り混じって、もっと嫌な臭いになっているような気がします。より効果的な予防法はないものでしょうか?

わき毛を剃ったりアルコールで拭いて清潔を心がけて。制汗剤は無香料のものを。

菌の繁殖を防ぐため、わきを清潔に保つのがよいようです。シャワーで洗い流すだけでなく、アルコールで拭いたり、わき毛を剃るのもよいとの声があがりました。また、制汗剤は無香料のものがおすすめです。

ニオイの問題は、自分だけでなく他の人の目が気になりますよね。なんとか改善されたいところかと思います。制汗剤については、やはり香料を含まない方がおすすめかもしれません。無香料のものを引き続き使用されてはいかがでしょうか?また、シャワーの習慣も大切ですので持続された方がよいかと思います。(看護師)

周りに気を遣い、いろいろご苦労されている様子ですね。
私が知っている方法は以下の通りです。
1.わき毛を剃る:毛があると細菌が繁殖し臭いの原因になります。
2.アルコールでわきを消毒:これも細菌の繁殖を防ぐためです。
3.脇にボトックス注射:汗が出るのを抑えられます。3〜4か月おきに注射が必要です。
ボトックス注射は痛いですし、高価で定期的にしなければならないので、まず上の2つをお試しになってみてはいかがでしょうか?ご参考にして頂ければ幸いです。(看護師)

食生活が臭いの原因となることも。和食やヨーグルトがおすすめ。身体は冷やさないように。

食生活も体臭対策には効果があるようです。血液中の老廃物が多くなると、臭いの原因になるのだとか。和食中心の食事や、腸内環境を整えるヨーグルトなどがおすすめ。身体は冷やさないようにした方がよいとの声もあがりました。

食生活の面から体臭対策をなさってみてはどうでしょうか?身体の老廃物は血液を流れています。血液の流れが滞ったり、老廃物が多い場合は、汗ににじみ出てしまって臭いの原因となります。食事であれば、油分の多いもの(肉など動物性脂肪)を摂りすぎず、和食中心のバランスよい食事がお勧めです。(看護師)

腸内環境を整えることも大切です。腸内のバランスが崩れていると老廃物の排出がうまくいかず、血液内に戻ってしまいます。ヨーグルトなど乳酸菌を多く含む食材を摂りいれてみるのはどうでしょうか。(看護師)

身体を冷やさないことも大切ですね。冷たい飲み物、食べ物を控えめに、常温・温かいものを積極的に選んだ方がいいでしょう。血液サラサラの食材は、お茶、魚、海藻類、納豆、酢、キノコ類、野菜、ネギ類ですね。(看護師)

わきを清潔に保つだけでなく、血液の流れをよくすることが体臭対策として有効な場合もあるようです。忙しいとついおろそかになりがちな食事ですが、臭い対策のためにも和食中心の食生活がおすすめ。また、身体を冷やさないなど、日々の生活の中でやれることもありますから、できることから始めていきましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

1人あたり1000円でセフレを作れる最強の○○の正体とは…!?

私は山梨から上京して2年になる20代半ばの男です。 大学卒業まで付き合った人数は2人、経験人数は1人と殆ど女性経験がないまま、社会人になりました。

身体からアンモニア臭がするのは汗が原因?それとも病気?

汗をかくとアンモニアの臭いが…。何かの病気や身体の異常ではないかと心配になりますよね。