差し歯って虫歯になるの?ぐらつく感覚があるけど大丈夫?

  • 作成日:2016.04.19
  • 更新日:2016.04.14
健康

子どものころにぶつけて差し歯になってしまった前歯について、不安を感じているという男性。虫歯になったらどうなるのでしょうか、差し歯がぐらつく感覚があるのは正常なのでしょうか。

20代男性からの相談:「左前歯の差し歯について」

昔から差し歯のことで不安を感じています。昔、小学生5年生の時に左前歯を鉄柵にぶつけて半分かけてしまいました。すぐに歯医者に行き治療をしたのですが、とりあえずかけた歯を接着剤で付けることになり約1年後に差し歯にしました。私は昔から虫歯ができたことはないのですが、もし前歯の差し歯が虫歯になったらどうなるのでしょうか。また、差し歯が多少ぐらつく感覚がたまにあるのですが、これは差し歯であれば普通のできごとなのでしょうか。(20代・男性)

差し歯を支える歯根が虫歯になることも

差し歯と、それを支えている歯根との間に細菌が入ると、歯根が虫歯になる場合も。臭いなどの兆候に目ざとくあり、定期的にチェックを受けるようにするとよいようです。

差し歯自体は金属やプラスチックなどの材質でできているため、虫歯になるということは考えられませんが、差し歯と、それを支える歯根の間に細菌が入り、歯根が虫歯になることはあり得ます。差し歯には神経がないため気づきにくく、痛みが出るころには相当進行していると思われます。(歯科衛生士)
ひとつの目安としては、差し歯が臭うと感じたら、それは細菌が入って繁殖しているサインであり、虫歯の始まりといえます。3カ月~6カ月に一度、歯科医院でレントゲンをとるなどして差し歯の内部の様子をチェックしてもらうと安心でしょう。(歯科衛生士)

ぐらつく感覚はトラブルのサイン、早めに検査を

差し歯がぐらつくのは、緩みや歯根の虫歯など、何らかの異常が起こっている可能性を示すサイン。早めの受診を検討したほうがよいようです。

基本的に差し歯にしてグラつくということはありません。グラつくのであれば何らかの異常が起こっていることが考えられます。例えば、土台となるネジの部分が緩んでしまっているか、それとも差し歯の一部分にゆるみが出てきてしまっているのか。理由はいろいろ考えられますが、そのグラつきの原因をはっきりさせるには歯科受診してしっかり検査してもらうしかありません。(看護師)
ぐらつく感覚があるのは、歯ぐきが下がって差し歯との間に隙間ができたか、中が虫歯になっているなどの原因が考えられます。早めに受診して原因を調べてもらいましょう。(歯科衛生士)

差し歯が虫歯になることはありませんが、差し歯を支える歯根が虫歯になることはあり得ます。発見が遅れがちのため、差し歯が臭うなどの兆候に注意し、定期的に歯科でチェックを受けるようにすると安心です。差し歯がぐらつく感覚は、緩みや歯根の虫歯などのトラブルのサイン。早めの受診を検討するのがベストです。

【10月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
圧倒的なコスパ!15円でオメガプラスを摂取!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!