包茎の診療、治療は保険適用外?

  • 作成日:2014.10.16
  • 更新日:2016.02.04
陰茎

包茎に悩む男性。生活の中の痛みやパートナーへの影響を心配して病院での診療を検討していらっしゃるようですが、健康保険の適用のことや信頼できる医療機関の探し方についてのご相談です。

30代男性からの相談:「包茎で困っています」

人に言えないのが自分の大切な部分のことで、包茎であることです。別にむいてしまえば問題ないのですが、ずっとそのままだと生活の中で痛みがあったり、亀頭がデリケートであるため少し心配です。また、放っておくと菌の繁殖などの可能性が高くパートナーにも迷惑をかけることになると聞いたのでなんとかしたいです。雑誌などの手術記事を執筆している医院はぼったくりも多いと聞きますし、どうしたら良いか分かりません。保険適用を含め、安心な価格で処置頂ける医院をどうやって探せばいいのでしょうか。

仮性包茎ならば清潔にしておけば問題なし。

仮性包茎の場合はきちんと洗浄ケアをすれば基本的に感染などの心配はないようですが、洗った後は血流障害を防ぐため元に戻した方が良いようです。ただし、生活に支障をきたす痛みがあるようであれば、正確な診断も含めて医療機関の受診も検討の必要も。

質問者さんの場合は手で包皮を剥くことが出来る仮性包茎かと思われます。この場合、日々の生活や性行為前に入浴で包皮を剥いてきれいに洗ってケアすれば、感染などの心配はありません。包皮が剥けない真性包茎の場合は洗浄ケアができませんので手術の適応になります。ただ、生活の中で痛みを生じるということなので、その程度が生活に支障をきたすようであれば泌尿器科にかかることをお勧めします。(看護師)

剥けるのであればそのままでいいと思います。包茎の手術は、真性包茎が手術適応と言われています。剥いたままの状態の場合、皮が陰茎を締める状態になり、血流障害を起こしたりするので綺麗に洗ったあとは、元に戻しておいたほうがいいです。菌の繁殖は、やはり起こりやすいですが、入浴時にきちんと綺麗に洗えば特に問題はありません。パートナーに対しても、ちゃんと洗ったあとであれば、大丈夫です。(看護師)

保険診療であれば保険請求額は一定。

自由診療の場合は病院独自の金額が設定されていますが、保険適用の診療や治療は請求額が定められています。美容目的以外であれば保険適用の診療も可能なようで、その場合、かかった費用の一部負担で受診できます。

美容目的の治療であれば自費診療になりますが、そうでない場合は保険診療になるかと思います。(看護師)

総合病院など他科がある病院にかかってみたり、クリニックを受診する場合も一カ所で決めるのではなくセカンドオピニオンで、他のクリニック等と比較してみてはどうでしょうか?手間はかかりますが、安心できる医師と巡り合えることが一番大切かと思います。(看護師)

どうしても手術をしたいのであれば、保険診療と自由診療が選べます。保険診療の場合、保険請求は決められていますので、ぼったくられることはありません。自由診療の場合は、そこの病院で費用が決められていますので、料金は様々です。かなり高額請求されたという事案もありますので、十分調べて病院を選んでください。(看護師)

包茎の診療は保険診療と自由診療が選べるようです。生活に支障のある痛みがあったり何か不安に思うことがあるようでしたら、まずは保険診療の医療機関に問い合わせて受診してみると良いようですね。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>
最新】ペニス増大サプリランキング
36ヶ月売り上げNo.1!不動の人気商品!
>>詳細はこちら
増大成分トップクラス!30日間の返金保証有
>>詳細はこちら
満足度92%!3大成分を豊富に配合!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

ペニスを大きくしたい方におすすめ!

【厳正】増大サプリおすすめランキング!効果の高い商品はコレ!

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は増大サプリの効果と選び方をランキングで紹介していきます!

増大サプリでペニスは大きくなる?効果・成分を徹底調査!

ペニスが小さくて人前で脱げない…。パートナーも多分満足してなき…。そんな方におすすめの増大サプリを解説します!