汗、食生活、精神的な要因も…気になる身体の臭いの抑え方

  • 作成日:2014.10.10
  • 更新日:2016.02.04
体臭

今回は汗かきになったころから体臭がきつくなったような気がすると悩んでいる男性からの質問です。体臭の原因はさまざまですが、体臭は睡眠不足など生活習慣を見直すことでも改善できるといわれています。また、実際はそれほど臭っていないのに「周りから臭いと思われている」と思い込んでしまう自臭症という病気もあり、解決にはいろいろなアプローチの仕方があるようです。

30代男性からの相談:「ひどい体臭に落ち込む日々」

成人になって汗かきになりました。その頃より体臭がきつくなった気がします。毎日の入浴や消臭スプレーをするなど努力をしているのですが、効果がみられません。何とか改善できないか悩んでいます。

汗は時間の経過で臭いの元に

汗は時間の経過で臭いの元になるそうです。そのため、汗をかいたらすぐに拭く、服を着替えるということが臭い防止につながるといわれています。また、入浴時に丁寧に洗い、しっかり乾燥させるなど生活習慣を少し見直すことで体臭改善に効果を発揮するようです。

男性ですので、わき毛を剃るのには抵抗あると思いますが、短くカットするだけでもずいぶん違いがあると思います。(看護師)

入浴は5分以上湯船につかって汗をかくようにしてください。ボデイーソープは香料の入ったものは汗の臭いと混り合って、変な臭いになることもあります。体臭予防のボデイーソープや殺菌作用のあるものがいいでしょう。(看護師)

汗をかくからと水分を控えていませんか?汗をかかないようにすると、汗腺の機能が低下し、汗の質が悪くなります。汗を抑えるのではなく、汗をかいて循環させるほうがいいと思います。(看護師)

食生活の改善など臭い防止の一歩に

普段摂取する食べ物が体臭の原因になることもあるそうです。また疲れやストレスもよくないといわれています。ほんの少し生活習慣を見直すことが改善の一歩となるのではないでしょうか。

脂肪、動物性タンパク質(肉類、チョコレートなど)を過剰に摂取していることはありませんか。これらは分解されると臭いの元となります。(看護師)

生野菜や果物(なし、りんご、パイナップル)、腸内環境を整えるため、乳製品や繊維質を含む食品、大豆などの植物性タンパク質、海藻、オリゴ糖をとるといいでしょう。(看護師)

自己臭恐怖症の可能性も…

実際、そんなに臭わなくても「周りから臭いと思われている」と自分で決めつけていることはないでしょうか。病は気からということわざのとおりあまり思いつめず、できることから少しずつ始めていきましょう。

周囲の人から臭いと思われているのではと思い込む自臭症という病気(自己臭恐怖症)もあります。生活習慣に気をつけてみても臭いが軽くならない、余計にひどくなったと感じるのであれば、一度、心療内科の受診も考えてみては。(看護師)

食生活や生活習慣を見直すことが体臭予防につながるのではないでしょうか。自分は臭いと思い込むとストレスや疲れの原因になるので、自分を追い詰めず一歩、一歩改善への道をたどっていきましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

1人あたり1000円でセフレを作れる最強の○○の正体とは…!?

私は山梨から上京して2年になる20代半ばの男です。 大学卒業まで付き合った人数は2人、経験人数は1人と殆ど女性経験がないまま、社会人になりました。

身体からアンモニア臭がするのは汗が原因?それとも病気?

汗をかくとアンモニアの臭いが…。何かの病気や身体の異常ではないかと心配になりますよね。