仮性包茎・・・50代でも将来の介護に備えて手術は必要?

  • 作成日:2014.10.05
  • 更新日:2015.08.04
陰茎

日本の成人男性の内、約6割~7割は仮性包茎と言われています。つまり、大多数が仮性包茎なわけですから、それほど気にしたり、恥ずかしがったりする必要はありません。しかし男性であれば、やはり気になってしまうものです。今回は、将来の介護に備えて、仮性包茎の手術をするべきか否かで悩んでいる男性からのご相談です。

50代男性からのご相談:「仮性包茎で悩んでいます・・・将来の介護に備えて手術するべきでしょうか?」

介護の際に見られて恥ずかしい思いをしたくない、というところから、最近熟年でも包茎手術を行なう人が増えていると聞き、自分も受けるべきか悩んでいるようです。

私は今、仮性包茎について悩んでいます。年上の友人から「最近、熟年男性で包茎手術を受ける人が増えているらしい」という話を聞いたのです。年をとって介護されるようになり、看護師さんや介護士さんが女性だった場合、見られるのが恥ずかしいから手術をするのだとのこと。それを聞いて、とても他人事だとは思えなくなりました。けれど、この年になって手術を受けるのも恥ずかしいし、二の足を踏んでしまうのです。やはり手術した方が良いでしょうか。それともそんな必要はないでしょうか。また、手術するとした場合、どういうクリニックを選べば安心なのかも教えていただきたいと思っています。

恥ずかしいという理由だけなら、手術の必要はありません。

毎日のように、何十人という患者さんのお世話をされている看護師さんや介護士さんにとっては、仮性包茎かどうかなど、気にもしませんし、考える余裕もないようです。

私は手術は必要ないと思います。患者さんのお下のお世話はこれまでたくさんしてきましたが、この人は包茎だと気にしてオムツ交換などはしませんし、覚えてもいません。また、看護師同士の話題にもなりませんし、今まで聞いたこともありません。看護師は常に患者さんの生命に関わる仕事を行っており、そんなことを考える余裕はないように思います。なので安心して下さい。(看護師)

仮性包茎は、一般的に手術はしません。毎日、恥垢が溜まりやすいですから、きちんと亀頭を出して綺麗に洗って下さい。日本人の60%は仮性包茎と言われています。珍しいものでもありませんし、だからと言って話題にするものでもありませんので、先々のご心配は無用かと思います。(看護師)

介護されるときに心配という理由だけでしたら、手術する必要はないと思います。(看護師)

手術される場合は泌尿器科、もしくは美容外科の専門クリニックへ。

仮性包茎に伴う包皮の除去手術をされる場合は、泌尿器科か美容外科の専門クリニックになるようです。

手術は泌尿器科のクリニック(手術しないところもあります)、または総合病院の泌尿器科です。(看護師)

手術をされるとしたら、泌尿器科もしくは美容外科の専門クリニックかと存じます。病院の泌尿器科ですと保険が使えますが、手術適応かどうかを診断されます。美容外科ですと、ご本人の希望に応じて傷跡もキレイに手術してもらえますが、保険が使えないので高額になるかと思います。(看護師)

海外では、文化や宗教上の理由から、包皮の除去手術が行われたりもしているようですが、日本にはそうした習慣がないため仮性包茎の方の割合が高いようです。排尿や性交渉に問題がなければ、仮性包茎だからといって特に包皮を除去する必要もないようですので、日頃から衛生的に保つことを心がけ、過剰なコンプレックスを持たないようにされてはいかがでしょうか。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>
最新】ペニス増大サプリランキング
48ヶ月売り上げNo.1!不動の人気商品!
>>詳細はこちら
増大成分トップクラス!30日間の返金保証有
>>詳細はこちら
国産の安心して飲める増大サプリ!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

ペニスを大きくしたい方におすすめ!

【厳正】増大サプリおすすめランキング!効果の高い商品はコレ!

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は増大サプリの効果と選び方をランキングで紹介していきます!

増大サプリでペニスは大きくなる?効果・成分を徹底調査!

ペニスが小さくて人前で脱げない…。パートナーも多分満足してなき…。そんな方におすすめの増大サプリを解説します!