アルコールが脱水症状を招く…正しく水分補給できている?

  • 作成日:2014.10.01
  • 更新日:2017.08.10
健康

歓送迎会や接待など、会社員には飲み会がつきものです。二日酔いなど翌日の体調不良を防ぐために、チェイサーとしてお酒と一緒に水分を摂る人も多いと思いますが、本当に正しく水分補給できていますか?今回は、飲酒後水分補給せずに寝ると身体がだるくなるという男性からの質問です。

スポンサーリンク

40代男性からの相談:「お酒を飲んだ後の水分補給」

飲酒後に喉が渇くという相談者の男性。飲酒後の身体には水分が必要なのか、また水分補給にはどのような飲み物が良いのかという質問です。

飲みに行った帰りに喉が渇くので、よくお茶やジュースを飲みます。水分を摂らずにそのまま寝ると翌日だるいため、身体が水分を求めているのかな、と思うのですが、どのような飲物を選ぶのがよいのでしょうか。飲酒後の身体に優しい飲物があれば教えてください。

喉の渇きは、脱水症状のサイン。血栓や尿管結石、痛風に発展する場合も。

飲酒後に喉が渇くのは、アルコールによって身体が脱水を起こすから。アルコールの利尿作用をはじめ、最近では新しい脱水メカニズムも知られています。アルコールによる脱水は、血栓や尿管結石、痛風のリスクを高めるとして危険視されています。

喉の渇きの原因は、アルコールの利尿作用により、身体の水分が大量に尿として排泄され、脱水症状が起こる為と言われてきました。最近では、新しい考え方として、アルコールが体内の水分の配分を変えるからだとされているようです。アルコールは細胞内の水分を減らし、細胞外(血管内、組織間)の水分を増やすといいます。(看護師)

水分補給をしないと、血液が濃縮してしまい血栓(血の塊)ができやすくなります。また、アルコールによる尿酸値の上昇があるため、尿管結石や痛風発作を起こしやすくなります。(看護師)

飲酒には水分補給が鉄則。ただし、飲料によっては水分補給に適さないものも。

アルコールによる脱水に対して、重要なのはこまめな水分補給。飲酒後にかかわらず飲酒中も水分を摂ることで、脱水しにくくなると言います。しかし、飲料によっては水分補給に適さないものもあるようです。

お酒を飲むときは、お酒のかたわらに水などを置いて、適宜、できれば大量に飲むことが必要。飲酒中に水を飲むと身体が脱水しにくくなります。(看護師)

寝る前も起床後もコップ1杯程度は摂取するようにしてください。血中脂質や尿酸値が高い人は、特に気をつけて就寝前に水分補給をすることが勧められます。(看護師)

ジュースは中性脂肪、血糖値、尿酸値を上げるためおすすめできません。また、カフェインが入っているお茶は身体の水分を連れて行ってしまうので、水分補給という意味ではあまり効果がありません。どうしてもお茶が良ければ、カフェインの少ない麦茶や玄米茶を選ばれると良いです。(看護師)

飲んだ後なら低カロリーのイオン飲料もいいですね。普通のイオン飲料では急激に血糖も上げてしまうので気をつけてくださいね。(看護師)

飲酒中や飲酒後のこまめな水分補給は、身体に負担なくお酒を楽しむための秘訣と言えるでしょう。お茶やジュースの中にはかえって身体に悪影響を及ぼすものも多いので、水分補給に適した飲料選びにも気をつけたいですね。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>
最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

血圧下げる一番効率の良い方法まとめ【上130以上は注意!】

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【悪玉コレステロールを下げる方法まとめ】健康診断で引っかかった人必見!

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!