ワキガかも? と思った時のニオイの予防と治療法

  • 作成日:2014.09.26
  • 更新日:2017.07.10
体臭

清潔志向の強い日本では本当はワキガ体質ではない人もワキガかもしれないと体臭について悩むことが多いといいます。今回の相談はワキの臭いついて悩む男性からです。ニオイ対策に制汗スプレーを使用していますが、効果はいまひとつのようです。ワキガを予防する効果的な対策は? ワキガであった場合、治療で治すことは可能なのでしょうか?

▼ワキガ対策グッズを見てみる▼

30代 男性からの相談:「脇の臭いが気になっています」

子供の頃は自分ではあまり気にしていませんでした。高校生の時に母親から「あなたはワキガなので気にするように」と言われショックを受けました。大人になって制汗スプレーなどを使ったりしましたがあまり効果がないように感じ長続きしません。余計に臭いが強調されてしまうように感じるのです。食習慣を変えることで臭いを抑えることはできるのでしょうか。また、ワキガは治療で治るものなのでしょうか。

スポンサーリンク

ワキガの予防法

1291_1

ワキガの原因を知る

1291_2

ワキガが気になっている時、ネットで体臭対策の検索をして、何も考えずにその方法を試していませんか? ワキガを予防するためには、しっかりとその原因を知る必要があります。ワキガの発生するメカニズムを知っていれば、予防法も理解できるのです。

間違った予防法をして症状が悪化してしまわないよう、ワキガの知識をしっかりと身につけておきましょう。

汗にはニオイを出すものと出さないものの2種類がある

汗をかくと、それがそのままニオイになると思っていませんか? 実は本来汗はニオイを持ちません。もちろん、汗を拭き取ったり乾かしたりしないことで、雑菌が繁殖して服が雑巾のようなニオイを発することはあります。しかし、それがワキガではありません。

汗には、ニオイを発しないエクリン腺の汗とニオイのもととなるアポクリン腺の汗の2種類があります。

  • エクリン腺の汗

    汗のほとんどを占めるのがエクリン腺の汗です。体表面に存在する汗腺からは、体温調節や皮膚の保護を目的として汗が分泌されますが、汗に含まれる成分は少なく、皮膚の常在菌に分解されてもニオイを発しにくいです。

  • アポクリン腺の汗

    脂質やタンパク質などを多く含む乳白色の汗です。皮膚の常在菌によって分解されることによって、強いニオイを発します。もともとは、動物が繁殖を行ったり社会を形成したりする際にフェロモンとして機能していました。

ニオイのもととなるアポクリン腺の汗も、それ自体がニオイを発しているわけではありません。適切な処理をしないことで、ニオイを発しワキガとなってしまうのです。

このアポクリン腺の汗ですが、アポクリン腺の数は生まれた時から決まっています。つまり、遺伝子によって決まるのです。ワキガの遺伝子ではなく、ワキガになりやすい体質の遺伝子があるということです。もちろん、生活習慣や食習慣など他の要因も考えられます。

ワキガの原因から見ると、ワキガを予防するには、

  • アポクリン腺をなくす
  • 皮膚の常在菌を減らす
  • アポクリン腺の汗を減らす・除去する

といった方法が見えてくるかと思います。

体毛を処理する

1291_3

哺乳類の体毛は、主に体温調節の役割を担っていると考えられます。つまり、熱を閉じ込めておく作用があるのです。人の体毛は一部分にしかありませんが、脇毛などは多く生えていることで発汗が起こりやすく、したがってワキガにもなりやすくなってしまいます。

また、脇毛を減らすことでお手入れもしやすくなるため、ワキガを予防するには剃るとまではいかなくとも、カットするなど脇毛を減らす工夫をしてみるのもいいかもしれません。

お風呂の入り方

1291_4

お風呂の入り方によっても、ワキガを悪化させてしまうことがあります。ワキガを予防するためには、正しい入浴方法を知っておく必要があります。

  • しっかりと浴槽に浸かる
  • 身体を洗いすぎない
  • 身体に合ったボディソープを使う

入浴の際には上記の3つのポイントを押さえておけば問題ないでしょう。3つのポイントについて詳しく解説いたします。

しっかりと浴槽に浸かる

中にはシャワーを浴びるだけの習慣の方もいらっしゃるでしょう。しかし、ワキガの場合、しっかりと浴槽に浸かって汗を流すことが大切になります。

汗をよく流すことで、肌の状態を一定に保つことができます。それは、ワキガになりにくい皮膚環境を作ることにも繋がっていきます。

身体を洗いすぎない

ワキガであるがために、ゴシゴシと身体をこすって、1日に何度も入浴していませんか? 必要以上に身体を洗うのは、皮膚の常在菌のバランスを大きく崩してしまったり、必要以上に皮脂を分泌させてしまうなど、皮膚環境を乱してしまうことになります。

皮膚環境の乱れは、ワキガなどの肌表面の悪臭に繋がってしまいます。身体を洗うのであれば、ワキガであっても1日に一度程度に留めておきましょう。

身体に合ったボディソープを使う

しっかりとニオイを落としたいために洗浄力の強いボディソープを選んでいませんか? 洗浄力の強いボディソープを使うと、正しい入浴方法のポイントのひとつである「身体を洗いすぎない」と同じような状況を招いてしまいます。

洗浄力が強いということは肌にダメージを与えたり、肌環境を乱してしまう原因にもなってしまいます。それはワキガを悪化させてしまう危険性もあります。基本的には、ボディソープには無添加のアミノ酸系のものを選ぶのがいいでしょう。もちろん、肌質によって適しているボディソープも異なりますので、専門家に相談するなどして自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

食習慣を見直す

1291_5

脂っぽいもの・刺激物を避ける

脂っぽいものや刺激物はニオイのもととなる汗を分泌するアポクリン腺の働きを活性化してしまうといわれています。肉中心でスナック類を多く食べる生活を続けていると、ワキガが悪化したりワキガになりやすい体質を作り上げてしまいます。

バランスのいい食生活を送るのが理想ですから、肉類などを摂ってはいけないということではありませんが、あまりにも食べ過ぎている場合には控えた方がいいでしょう。


ワキガ予防のために避けるべき食べ物

  • 乳製品
  • 動物性のたんぱく質・脂肪(肉類、バターなど)
  • 香辛料(唐辛子など)

ワキガ予防に繋がる食品を摂る

身体の老廃物は血液を流れています。血液の流れが滞ったり、老廃物が多い場合、汗ににじみ出て臭いの原因となります。食事は、油分の多いもの(肉など動物性脂肪)を摂りすぎず、和食中心のバランス良い食事がお勧めです。体を冷やさないことも大切ですね。冷たい飲み物、食べ物を控えめに、常温・温かいものを積極的に選んだ方がいいでしょう。血液サラサラの食材は「お茶」「魚」「海藻類」「納豆」「酢」「キノコ類」「野菜」「ネギ類」です(看護師)

和食中心の食生活では、ワキガは抑えられると考えられています。魚や野菜を中心に据えた食生活ならば、アポクリン腺が活性化しづらくなります。また、腸内環境を整える食品を摂取するのも大切なことです。

腸内環境を整えることも大切です。腸内のバランスが崩れていると老廃物の排出がうまくいかず、血液内に戻ってしまいます。ヨーグルトなど乳酸菌を多く含む食材を摂りいれてみるのはどうでしょうか?参考になればと思います。(看護師)

腸内環境は体臭に大きな影響を与えています。腸では食物から様々な栄養素を吸収して血液に送り出しています。ニオイの原因物質が血液に流れ出すことで、汗にもその成分が含まれやすくなってしまうのです。

そういった状況を防ぐためにも、腸内の善玉菌を活性化させるような発酵食品、食物繊維などを摂取するのがおすすめです。


ワキガ予防のために摂取すべき食べ物

  • 魚類
  • 野菜
  • きのこ類
  • 発酵食品(納豆・醤油など)

お酒はほどほどに

アルコールには数十種類のニオイ成分が含まれていることをご存知でしょうか。中にもいいニオイもありますが、悪臭の原因物質も含まれています。そうしたニオイの原因物質が腸内で吸収され血中に流れ出すことで、ワキガの原因にもなってしまう可能性があります。

また、アルコールを過剰に摂取することは肝臓の機能を衰えさせる要因になります。肝臓は体内の有害な物質を解毒する役割を持っています。そうした有害な物質の中には悪臭の原因物質も含まれています。

水・お茶を飲む習慣をつける

身体は全年齢平均で70%前後を水が占めています。普段摂取している水分によっても、体臭が左右されます。緑茶に含まれるカテキンには消臭作用もあり、ワキガのニオイを軽減してくれるかもしれません。

また、体内の老廃物を薄めたり排出させるためには水分を多く摂ることが大切です。普段から水を欲のようにしていれば、老廃物は排出され、体臭が軽減することが期待されます。それがワキガ予防にもつながるかもしれません。

生活習慣を見直す

1291_6

こまめに汗を拭きとる

ニオイのもととなるアポクリン腺の汗は放置しておくことで皮膚の常在菌に分解され、ワキガとなります。常在菌に分解される前に、汗を拭きとればワキガを予防することができます。

汗を拭きとる際にはゴシゴシこするのではなく、タオルなどで押さえつけるようにしましょう。そうすることで、皮膚のダメージを防いだり、必要以上に皮脂を取り除いてしまったりといった、ワキガを悪化させるリスクを軽減することができます。

禁煙する

タバコを吸っているのなら、今すぐ禁煙を始めましょう。タバコはそれを吸うこと自体でも体臭になりますし、血管を収縮させることによって代謝機能を抑えてしまい、老廃物の排出などがスムーズにいかなくなってしまいます。

また、後述するようにイライラなどのストレスもワキガを悪化させてしまう恐れがあります。タバコでストレスを調整していると、それがなくては色々が収まらなくなり、タバコによって腋臭が悪化するという悪循環に陥ってしまいます。

ストレスを溜めないようにする

ストレスは万病のもとともいいますが、ワキガを悪化させるのにも一役買っています。ストレスは発汗に繋がり、さらに汗の質を左右します。

ストレス過多の状態では、ニオイを発しやすい汗が多く分泌されるため、ワキガが悪化してしまうのです。そうならないためにも、日々ストレスマネジメントやストレス解消を行っていくことが大切です。

規則正しい生活を送る

自律神経が乱れることによって、体温調節を司る汗の分泌にも異常が発生してしまいます。汗が多く分泌されてしまう状態では、アポクリン腺の汗も必然的に増えてワキガになりやすくなってしまいます。

自律神経を整えるには、規則正しい生活を送ることが大切です。毎日3食を決まった時間に摂るようにし、睡眠時間も十分に取りましょう。

グッズでワキガ予防

1291_7

アルコール消毒で一時的な予防

一時的な消臭には注射の消毒に使うアルコール綿が効果があります。その他、ミョウバン水も効くそうです。これは自宅でも作れますので、小分けにして時々スプレーするのもいいかと思います。(看護師)

アルコール消毒をすることによって、皮膚の常在菌を殺菌するとアポクリン腺の汗は分解されなくなります。しかし、これはあくまでその場しのぎの方法だと考えておいた方がよさそうです。

アルコール消毒をしたからといって安心していると、脇にはまた常在菌が復活します。そして、汗を拭きとらないでいることでワキガになってしまうのです。

外出先などであれば、適切な頻度でアルコール消毒をすれば、ワキガを予防することができます。

制汗剤でワキガ予防するために、使い方も知っておこう

制汗剤は、元のにおいを綺麗に取り除かないと、においが混じってしまいます。スプレーより塗るタイプの制汗剤がオススメです。風呂上がりのまだ汗をかいていない清潔な皮膚に夜一回塗るだけで消臭できます。普段は、お仕事をされていると思いますから、制汗用の汗拭きシートや除菌用のウエットティッシュでこまめに拭くことをおすすめします(看護師)

制汗剤はスプレータイプよりも塗るタイプのものがおすすめだといいます。脇を一度清潔にしたうえで制汗剤を使用すると効果的です。

また、制汗剤の中にはニオイを付加するものもあります。これらはマスキングといって、悪臭を別のニオイでごまかす効果を狙っています。しかし、これには落とし穴があります。ワキガのニオイと制汗剤の香料が混ざり合って、不快なニオイになってしまう恐れがあるのです。

制汗剤を使う際には、できるだけ無香料のものを選ぶといいでしょう。

シーアプライ(クリームタイプ)


ワキガ・汗のニオイが気になるあなたへ

  • 制汗成分・パラフェノールスルホン酸亜鉛、消臭成分・イソプロピルメチルフェノールでワキガにダブルで作します!
  • シーアプライなら、汗を抑えることでワキガを予防することもできるでしょう。さらに、肌に優しい成分のため、肌が弱くても安心して使うことができます。
  • 180日間全額返金保証もついており、気軽に続けることができます。
シーアプライ

薬用ネオテクト(クリームタイプ)


ワキガでのスメルハラスメントが気になるあなたへ

  • プロフェッショナル専用に開発されたワキガ用デオドラントクリーム・薬用ネオテクト。ニオイをもとから断つ成分を配合しているため、ワキガにはピッタリのクリームです!
  • 菌の繁殖を抑え、汗を抑制することでワキガ予防に効果が期待できます。
  • 初回購入ならお試し価格でお得にワキガ対策が始められます!
薬用ネオテクト

ラブフル(スプレータイプ)


嫌なニオイを抑えてパートナーとの性生活もサポート!

  • ラブフルは血行を改善し、性生活のサポートをしてくれるスプレーです。パートナーとの性生活を充実させたいという人に人気があります!
  • 身体に優しい天然ミネラル成分を配合! 安心して使うことができます。
  • ニオイ対策にも効果があり、ワキガ予防としても使うことができる一石二鳥なスプレーです!
ラブフル

通気性のいいインナー・消臭効果のあるインナーを着る

いくらワキガ予防を施していても、脇に空気や熱がこもっていると汗が出やすい状況になってしまいます。そうならないように、通気性を謳ったインナーや消臭効果のある素材で作られたインナーを選ぶといいでしょう。

ワキガのニオイは着ているものに移ってニオイを発し続けます。それを防ぐためにも、消臭効果があるインナーや脇汗を吸い取るパットを活用するのもいいでしょう。

MEN’sDeo8400(サプリメント)


4大成分配合でニオイから愛される男に

  • 世界10か国で特許を取得した消臭サプリメントがMEN’sDeo8400です! ワキガには身体の中から対抗しましょう!
  • ワキガなどの悪臭にいいといわれているシャンピニオンエキス、柿渋エキス、緑茶エキス、鉄クロロフィリンナトリウムの4大成分を配合! 他にもフラクオリゴ糖、難消化デキストリンを加え、絶対的な信頼感を実現!
  • 90%以上がリピータとなっており、定期購入でお得にワキガ対策を始められます!
MENsDeo8400

臭ピタッ!(サプリメント)


先端技術でワキガ対策を!

  • 究極の消臭サプリメントが登場しました! 世界初の濃縮技術で消臭成分を詰め込んでいるため、ワキガにも強力にアプローチ!
  • 森の消臭効果に着目し、無臭が身体をまといます!
  • 76%が3日以内にサプリの力を実感しています! 今なら初回限定の特別価格でワキガ対策を始められます!
臭ピタッ!

ワキガの治療法

1291_8

ワキガを根本的に治すには、手術しかありません。その手術とは、アポクリン腺の除去です。アポクリン腺除去手術を受けるには、まず本当にワキガか医師の診察を受けることが必要です。

ワキガの治療は手術療法でアポクリン汗腺を除去します。しかし手術対象になるかどうか、実際はワキガではないこともありますので皮膚科や専門クリニックで相談されるといいと思います(看護師)

アポクリン腺除去手術のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

アポクリン腺除去手術のメリット

  • アポクリン腺を取り除くことができる唯一の方法
  • アポクリン腺を除去するため、ワキガが治る
  • ワキガを確実に改善させることができる
  • ワキガの深刻度によって手術の方式が選べる

アポクリン腺除去手術のデメリット

  • 高額な費用が掛かる
  • 必ずしもすべてのアポクリン腺を除去できるわけではない
  • 手術痕が残ってしまうことがある
  • 残されたアポクリン腺によってはワキガが再発することもある

アポクリン腺除去手術は受けるべきか?

ワキガ予防のためにアポクリン腺除去手術を受けるべきなのでしょうか?

手術である以上はある程度のリスクやデメリットも起こりえるということはしっかりと理解しておきましょう。しかし、そうしたリスクを冒してでも、手術をする価値はあるかもしれません。

時間や経済的な面で手術に踏み込むことができれば、医師と相談をして決断するのがいいでしょう。ただ、その前に、自分でできるワキガ予防を試してみるのもいいかもしれません。

まとめ

1291_9

今回はわきがのニオイ予防法として、「デオドラント用品の活用」「食生活の改善」「手術での治療」をご紹介しました。これらをすべて同時並行で実践できればよいのですが、忙しいビジネスマンなどの場合、食事の調整や手術は実際難しいのが現実でしょう。そこで、やはり手軽に始められるのがデオドラント用品でのニオイ対策。

ただし、ここにもポイントがあります。ウェットティッシュや制汗スプレーは、ニオイの元となる汗を一時的に除去するものであるため、再び汗をかけばすぐに元の状態に。こまめなケアが難しいビジネスマンには使いづらいと言えます。選ぶのであれば、汗と混ざることでニオイを発生させる「雑菌」の繁殖そのものを抑制する有効成分が配合されたものがおすすめです。

また、中には使用して効果に満足できなければ返金してもらえる「返金保証制度」があるものもあります。デオドラント用品は体質やニオイの原因によっても効果が異なるため、まずはこういった返金保証つきのものから試してみるのもおすすめです。


180日間全額返金キャンペーン実施中!

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別おすすめランキング!即効性・勃起力のある市販商品は?

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。