日中の異常な眠気は睡眠時無呼吸症候群?気になる人はセルフチェックを!

  • 作成日:2014.09.18
  • 更新日:2015.12.14
健康

日中によく強い眠気に襲われるのは、集中力の欠如でも睡眠不足でもなく、睡眠時無呼吸症候群と呼ばれる病気かもしれません。本来は内科などで受診し、診断してもらうべきですが、セルフチェックの方法などはあるのでしょうか?

40代男性からの相談:「強い睡魔と睡眠時無呼吸症候群について」

睡眠時無呼吸症候群を疑ってはいるものの、独り暮らしの相談者は他の人に確認してもらうことができません。セルフチェックなど、自分で簡易に判断できる方法はあるのでしょうか?

30代後半のころから、昼間に急に眠気が襲ってくることがたびたびあります。6~7時間程度寝た翌日でもどうにもがまんできない眠気が襲ってくることがあります。会社でも居眠りをしそうになってしまうことがあり、困っています。睡眠時無呼吸症候群ではないかと不安に思っているのですが、セルフチェックの方法があれば教えてください。なお、独身で一人暮らしのため、他の人の確認してもらうのは難しい状態です。

人に依頼できない場合は録音などで、自分のいびきをチェック

睡眠時無呼吸症候群は、いびきのかき方で判断できると言われています。睡眠時のため、自分で確認することが難しく、本来は家族にお願いしたいところです。難しい場合は、自分のいびきを録音しましょう。10秒以上続く呼吸の停止が、1時間に平均5回以上、あるいは7時間以上の睡眠中に30回以上おこると、睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いです。

睡眠時のいびきや寝息を録音してみてはどうでしょう。録音した内容から、聞こえていたいびきや寝息が聞こえなくなった間の秒数を図るのです。聞こえなくなった秒数が、呼吸が止まっていた時間になります。それが長ければ呼吸器科を受診し相談されたほうがよいと思います。ご参考になれれば幸いです。(看護師)

夜周囲の方に確認してもらうことが難しければ、録音してご自身で確認してみられると思います。SASの診断基準は「10秒以上続く呼吸の停止が1時間に平均5回以上、あるいは7時間以上の睡眠中に30回以上おこること」です。(看護師)

自宅でできる検査キットあり。時間があれば、一泊入院のポリグラフ検査も

録音以外では、指先と手首に装着し就寝することで簡易検査できる機器などがあります。看護師さんが知る範囲ではJAFが取り扱っているようです。また、時間は掛かりますが、1泊入院で検査する方法もあります。会社勤務を考慮し、仕事帰り後に入院、翌朝退社というスケジュールで実施してくれるところもあるようです。

簡易検査として、自宅でできる検査キットもあります。これは、申し込み後、自宅に届いた器械を指先と手首に装着して寝て、器械を返送して結果の郵送を待ちます。私が知っているものだと、JAFが取り扱っています。(看護師)

医療機関にかかる場合、簡易検査と一泊入院して行う睡眠ポリグラフ検査があります。一泊入院の場合でも、病院によっては仕事帰りから入院して、翌朝退院して会社に行けるように配慮されているところもあります。(看護師)

睡眠時無呼吸症候群があると、日中、ストンと突然眠りに落ちてしまいます。病気でありながら、まだまだ社会的に認知されておらず、居眠りとして職務怠慢とみなされる可能性もあります。
自分の身を自分で守るためにも、気になる方はセルフチェックを活用して、治療や対策を検討しましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>
【11月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!