若年性の薄毛、ストレスや不規則な生活が原因…対処法はある?

  • 作成日:2014.09.18
  • 更新日:2015.07.31
薄毛

責任のある仕事を任されるようになる30代。帰宅時刻が遅く、不規則な生活になったりストレスが溜まったり、薄毛になる原因が増加する年代です。薄毛の進行を遅らせるにはどうすればよいのでしょうか?

30代男性からの相談:「ストレスと不規則な生活が原因の薄毛について」

多忙な日々と不規則な生活習慣で、薄毛になってしまっている相談者からの質問です。

当方30歳代ですが、仕事によるストレスや夜遅くの食事など不規則な生活で薄毛が気になってきました。髪がだんだんと細くなり、朝は抜け毛が多くなってきました。このままではまずいと思い相談させていただきたく思います。海藻類などを食べると髪に良いと聞いた事がありますが、そのほかに食べたほうが良いものなどはありますでしょうか。宜しくお願い致します。

規則正しい生活が一番。叶わないなら食事と睡眠、どちらかひとつは欠かさずに

軽めの運動でストレスを解消し、食事・睡眠に気を付け、自律神経のバランスを崩さない事が大切です。

どんな症状にもよいと思われるのは、バランスのよい食事と睡眠・休養、ストレス発散です。ご飯と具沢山味噌汁だけでもいいから、きちんと食事をとることをお勧めします。
食べれない眠れないが続くと自律神経のバランスが崩れてしまいますので、食事と睡眠、最低でもそのどちらかは絶対に欠かさないように気をつけて、ご自愛下さい。
体を動かすと、気分転換にもなり、代謝もよくなると思いますよ。(看護師)

毛髪は診断士の資格を持つ美容師に、強いストレスは心療内科で相談しましょう

ストレスのコントロールは難しいものです。ひとりで頑張らないで、専門家に相談する事も必要です。

美容師さんの中には毛髪診断士という資格もあるそうですので、一度その資格を持っている美容師さんを探されて、相談してみるのもいいかもしれません。(看護師)

ストレスが多く生活に支障を来すようであれば、内科か心療内科などを受診されるのをお勧めします。(看護師)

若年性の薄毛には、様々な原因があります。毛髪・頭皮等が原因の場合は、毛髪診断士の資格を持つ美容師に相談するとよいでしょう、頭皮マッサージ・毛穴洗浄などのヘッドスパや頭皮にあったシャンプー剤などの案内があるかもしれません。
ストレスの場合は主に心療内科での相談・治療になります。また、皮膚科を標榜していることが多いですが、薄毛専門のクリニックなどもあります。積極的に治療したい場合は、専門クリニックでの受診をお勧めいたします。男性特有のAGAは生活習慣や、内分泌系の失調などの内的要因が起因して抜け毛となりますので、問診・血液検査などで診断し、問題なければAGAの治療を受けられます。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別おすすめランキング!即効性・勃起力のある市販商品は?

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。