体臭がきつくなってきました…何か病気が隠れているの?

  • 作成日:2014.09.17
  • 更新日:2016.04.06
体臭

最近、体臭がきつくなってきたけれど、何が原因なのか分からない。そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。一般的に男性は女性よりも体臭が強いと言われていますが、病気が原因で特有の匂いを放つこともあります。臭いの正体とは何か、また臭いそのものを消す方法はあるのでしょうか?

40代男性からの相談:「体臭に隠れる病気はありますか」

今回は、洗濯の際に消臭効果のあるものを使用していてもあまり効果を感じられず、体臭がきつくなってきたという男性からの相談です。

最近、体臭がきつくなったように感じます。汗の臭いなのか、頭皮の臭いなのかそれ以外のものなのか特定できません。妻によると、洗濯の際に消臭効果のあるものを使用したり、いろいろと試したりしているようですが、あまり効果がないように思います。
何か病気が隠れているのかと不安に感じています。どんな臭いに注意が必要か、臭わなくなる方法や臭い自体をなくす治療法があったら知りたいです。

気になる匂いの対策と治療法

汗の匂いには、デオドランド製品の使用や洗濯のほか、こまめに汗を拭きとったり下着の交換をしたりすることも大切です。また、入浴はシャワーで済ませずしっかりと湯船に浸かり老廃物を排出しましょう。加齢臭には専用のシャンプーやボディソープで対策を。汗腺をレーザーで治療するという方法もあります。

洗濯の際には、臭いの強いご本人の分のみを奥様の分とは別にして漂白剤を用いてみる、2度洗いをするなどしてみてはいかがでしょうか。(管理栄養士)

最近のことであれば、まずはこまめに汗を拭いたり下着の交換をしたり、入浴はシャワーで済ませずしっかりと湯船に浸かり老廃物を排出することから始められてはいかがでしょうか?(管理栄養士)

加齢臭やミドル臭対策のボディソープやシャンプーが市販されていますので、そちらで対処してみてはいかがでしょうか。加齢臭の特徴としては脂っぽい酸っぱいような匂いです。(看護師)

臭いをなくす治療は、汗腺をレーザー処理する方法などもあります。(管理栄養士)

病気によって発生する主な臭い

糖尿病、肝臓病のほか胃腸などの消化管が悪ければ、腐敗臭、酸っぱい臭い、便臭などがしてくることも。また、ストレスや疲労によっても肝臓の機能が低下し、肝臓で分解されるはずの物質がそのまま体臭となって現れます。

糖尿病……血糖値が高くなることでケトン体が発生しそれがアセトンという物質となり甘酸っぱい臭いになります。
肝臓病……解毒の機能をもつ肝臓の機能が低下することで有害物質が体臭となって臭います。
胃腸系の病気…従来スムーズに消化される食物が胃腸の病気(潰瘍や炎症)によって消化に時間がかかり発酵してしまうことで臭いが発生します。(看護師)

いかがでしたか。このように体臭には病気が隠れていることもありますが、ご自身の対策で軽減できるものもたくさんあります。臭いが気になりだしたら、臭いの種類と身体の調子を重ね合わせて考えてみましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別おすすめランキング!即効性・勃起力のある市販商品は?

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。