メタボ腹、もしかして遺伝?負の連鎖を打ち破るには

  • 作成日:2014.09.16
  • 更新日:2016.02.24
メタボ

中高年の男性の2人に1人がメタボリックシンドローム、もしくは予備軍の危険があると言われています。メタボになってしまうのは様々な原因があるとされているなか、今回は遺伝が関係するのではないかと不安になっている方からの質問です。

30代男性からの質問:「メタボリック予備軍です。将来の体型に不安」

ここ5年間で10kg太ってしまい、特にお腹に脂肪がついています。いわゆるビール腹です。お酒とお菓子などの間食が原因だと思いますが、健康診断でもメタボリック予備軍と診断されてしまいました。
だんだん実父の体型に近づいていっているのですが、体型に遺伝要素は強いのでしょうか?別々に生活し、同じものを食べているわけでもないのに、どんどん似ていきます。
ダイエットをしても、将来の体型は決まっているようで不安です。

肥満は遺伝要素も。しかし改善の余地あり!

遺伝で体質は似てしまうこともあるとの声もある一方で、気づいたときから改善の余地もあるとのこと。

遺伝で体質は似てしまうことがあるそうです。私事で恐縮ですが母が内臓脂肪の値(脂肪肝)が高く、子供の私も特に食べ過ぎや飲み過ぎというわけではないのですが、肝脂肪を指摘されたことがあり遺伝が関係あるかもと医師から言われました。しかし、食生活の見直しや適度な運動で改善する余地は無限大にあると思います。(看護師)

確かに体型や疾病など、遺伝的要素が影響しているところがあるようですが、改善できるのでご安心ください。遺伝ではなくても、食べ物の摂取の傾向(好き嫌いや摂取量など)も、親をみて育ってきているので、似通ってしまうところもあります。お父様に体型が似てきているのを自覚しているのは、とてもいいことなのですよ。今から、運動や食生活に気をつけていけば、改善できることなのですから。(管理栄養士)

一般に、遺伝的なものはあると言われています。将来の体型は決まっているということはありませんので、ぜひこの機会にダイエットを開始されてはいかがでしょうか?(管理栄養士)

肥満解消のための方法とは

間食や炭水化物の食べ過ぎは太るもとになります。太ってくると内臓脂肪が多くなり成人病の原因にもなります。まずは1週間間食を止める、いつもより炭水化物を減らす、一駅分歩くなど、すぐに達成できる目標を立てちょっとずつ続けていくとよいようです。

間食や炭水化物のとりすぎは太るもとになってしまいますね。太ってくると内臓脂肪が多くなり成人病の原因になってしまいます。今は問題ないかもしれませんが、心臓疾患や脳卒中などを患う可能性が高くなります。私も少し太っているので水泳を取り入れたり炭水化物を減らしたりしています。一緒に頑張りましょう。(看護師)

5年間で10kg太ってしまった原因をお菓子とお酒なのではないかと自覚されているのはとてもいいこと。まずはその辺から改善を試みてみてはいかがでしょうか?(管理栄養士)

ダイエットは、できるところから始めていくのがいいです。まずは1週間、そして1カ月続けられれば体に変化が出てきますので、ダイエット効果を実感できます。(管理栄養士)

ダイエットと言うと過酷なものを思い浮かべるかもしれませんが、現在、間食が原因だと思われているようでしたら、まず間食量を減らすなど食べるものの内容や食べる時間などに気遣うというような取り組めそうなことから行われるとよいでしょう。(管理栄養士)

メタボリックシンドロームに遺伝的要素は関係があるかもしれないとの見解もあるようですが、必ず肥満体型になるというものでもないようです。食生活の見直しや運動を自分に合った方法で取り入れることが、脱メタボへの第一歩になるかもしれません。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

肥満で血圧が心配な方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

手軽に血圧を下げたい!1番簡単に下げる方法まとめ

血圧を下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のために血圧を下げる1番手軽な方法を紹介します!