編集部ピックアップ

2016/07/25

生活習慣の改善なんて無理!ストレスなく加齢臭をなくす方法は?[PR]

生活習慣の改善なんて無理!ストレスなく加齢臭をなくす方法は?[PR]

家族・恋人・職場…すべての人間関係に影響する「男のニオイ」

40歳を過ぎた頃からいっそう気になり始める体臭。この年代の体臭はいわゆる「加齢臭」で、おじさんの代名詞とも言えます。
>>さっそく薬用石鹸「プラス-デオ」を見てみる

この加齢臭を本人以上に気にしているのが家族や恋人、そして職場の女性たち。あるアンケート調査では、奥さんの90%以上(※1)、娘さんの85%以上(※2)、働く女性の80%以上(※3)が男性のニオイが気になる、といった答えが出ています。当然、自分たちが過ごす空間は快適であってほしいもの。

体から漂う加齢臭が、夫婦仲や親子関係、職場関係にヒビを入れてしまう可能性も決してゼロではないのです。

※1 n=306 40~60代の既婚女性
※2 n=306 親と同居している10~30代の未婚女性
※3 n=306 20~40代の働いている女性
全て2013年 サントリーウエルネス調べ

加齢臭の原因物質は全身から湧き出る「ノネナール」

加齢臭を発生させるもととなるのが「ノネナール」というニオイ物質。
ノネナールは、皮脂に含まれるヘキサデセン酸という成分が皮膚の常在菌によって分解されたり、過酸化脂質によって酸化されたりすることで発生します。

加齢臭、というと、髪や耳の後ろから臭う、ともいわれていますが、実はこのノネナールは胸や背中、ワキ、首周りとさまざまな箇所から発生します。そのため、髪を必死に洗ったり、ワキを制汗剤などでケアしたりしても、なかなか抑えきることができないのです。

そしてやっかいなことに、このノネナールを発生させるヘキサデセン酸は加齢とともに増えていき、40代になると発生量が急増。加齢臭が本格化するのです。

0007_3

ニオイの元凶、ノネナールの抑制は中高年には難しい!?

加齢臭の原因物質であるノネナールを除去しない限り、ニオイをなくすことはできません。とはいえ、ノネナールを発生させるヘキサデセン酸は加齢にともなってどうしても増えてしまいます。
ノネナールを100%除去するのは難しくても、できるだけ発生を抑える対策を行いましょう。

対策として有効なのが生活習慣の見直し。

例えば、ストレスはヘキサデセン酸の酸化を促す活性酸素を発生させるため、加齢臭を悪化させます。また、抗酸化作用のあるビタミンCを破壊する喫煙、動物性脂肪の多い食事もニオイを強くする原因となります。

つまり、ノネナールを抑制するには、毎日の生活からストレス、喫煙を排除し、さらに健康的な食事をとらなければいけないということ。しかしこれは、仕事でも家庭でも責任を背負う40代、50代では現実的に難しいと言えるでしょう。

0007_2

いつもの石鹸を変えるだけ!「プラス-デオ」で加齢臭ケア

言うのは簡単でも実際は難しい禁煙や生活習慣の改善。かえってそれがストレスになってしまうことも考えられます。もっと簡単にできる加齢臭対策はないのか??・・・・そんな願いを叶えてくれるのがノネナール撃退に特化した薬用石鹸「プラス-デオ」

「余分な皮脂の除去」「殺菌」「吸着洗浄」といった3つのプロセスで、発生したノネナールの除去、さらに新たなノネナールの発生も予防します。

ノネナールの吸着洗浄に関しては、長年の研究から生み出された抗ノネナールPCエキスが力を発揮。この抗ノネナールPCは、加齢臭だけでなく、汗のニオイや足のニオイの原因もまとめて吸着します。

素早く泡立ち爽やかなシトラスの香りでリフレッシュできるので、 家族みんなで気持ちよく使えるのも嬉しいポイント。
毎日使う石鹸を変えるだけで、ストレスも我慢もなく全身のニオイ対策が可能です。

>>薬用石鹸「プラス-デオ」について見てみる

0007_bnr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加