健康

2015/10/20

頭皮の乾燥が原因? シャンプー対策でフケの発生をケアしよう

頭皮の乾燥が原因? シャンプー対策でフケの発生をケアしよう

毎日シャンプーをしているのにフケが発生すると悩んでいるそこのあなた、もしかしてケアの方法を間違っていませんか。フケの原因は頭皮や地肌の乾燥です。そんなシャンプー後のケアや生活習慣で変わるフケ発生防止の対策の方法について見ていきましょう。

40代男性からの相談:「頭を掻くと落ちるフケ。発生の原因は何でしょうか?」

誰から見てもフケが出ているレベルの量ではないと思いますが、高校生ぐらいから頭皮から発生するフケが気になっています。日頃から頭が痒いということは特にないのですが、頭を掻くとパラパラ落ちてきます。頭皮はシャンプーで毎日洗っていますがリンスはせず、乾燥させずに寝ています。何が原因なのでしょう。フケ発生防止の対策はないのでしょうか。(40代・男性)

フケ発生の原因として考えられることは?

フケの原因は肌質や生活環境など様々なことが関与してきます。何が原因と一言でいえない場合もありそうですが、質問者さんの環境だと、どんな原因が考えられるのでしょうか。

白いパラパラした粉のようなフケでしたら、頭皮の乾燥が原因であると考えられます。(看護師)
髪のためには出来るだけ規則的な生活と、夜はしっかりと睡眠をとることが大切です。質問者さんの生活スタイルはわかりませんが、不規則な生活やストレスは頭皮環境を悪化させてフケ発生の原因となる可能性があります。 (看護師)

毎日の頭皮のケアを見直そう

フケの悩みを改善する最も簡単な方法は、日頃の頭皮・地肌のケアを見直してみる事です。頭皮のケアは毎日のする事なので、誤った頭皮ケアを繰り返す事が頭皮にとって大きなフケ発生の原因にもなり得るのです。

シャンプーを使わなくても髪の汚れはお湯で流すだけで、ほとんど落ちます。乾燥がひどい場合は、お湯で流すだけで十分です。シャンプーの方法は直接髪につけず、手で泡立ててから頭皮をマッサージするよう優しく洗います。ゴシゴシこすったり、何回もシャンプーするのは、爪やシャンプーの成分で頭皮を傷つけてしまい逆によくありません。(看護師)
乾燥を防ぐためのケアとして、リンスも行ってみてはいかがでしょう。ただし、リンスは頭皮につけずに、髪だけにつけること。また、洗髪後はシャンプーやリンスが頭皮に残らないように十分に濯いでください。(看護師)
頭皮にシャンプーの成分や水分が残っているとフケ、痒みの原因になります。シャンプー後のケアはドライヤーでしっかり乾燥させてください。(看護師)
シャンプーのし過ぎは頭皮を傷つけ悪化する場合があるので、シャンプーは刺激成分の少ないアミノ酸系、天然素材、無添加のものを使ってください。(看護師)

規則的な生活と睡眠を心がけるのはもちろんですが、シャンプーの後にしっかり濯ぎ、ドライヤーできちんと乾燥させる所までが「基本ケア」と心得ておくのがよいようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加