健康

2015/10/19

なかなか治らない乾燥と吹き出物…病院に行くべき?

なかなか治らない乾燥と吹き出物…病院に行くべき?

なかなか治らない吹き出物や肌の乾燥。いろいろ試しても肌荒れや乾燥が治まらない場合は、病院に行った方がよいのでしょうか。それとも、自分で対処できるよい方法があるのでしょうか。

20代男性からの相談:「肌荒れがひどく乾燥も。改善策はある?」

肌荒れがひどく、吹き出物がよくできます。また、口回りが乾燥してカサカサします。生活は基本的に夜型ですが、食生活では油物は避けています。洗顔料を変えたりサプリメントを飲んだりしても、全く改善できないのですが、こんな場合は医者に行った方がよいのでしょうか。よい対策があれば教えてください。(20代・男性)

まずは日頃のケアや生活を見直してみる

自己流の改善策では、ポイントを見落とすことも多いもの。まず、自宅ケアを見直すことから始めましょう。専門家の提言するチェックポイントの中で、知らなかったことや、間違っていた点はありませんか。

肌の調子がよくないときは洗顔料を使用せず、ぬるま湯や水だけで洗顔してください。洗顔料を使用する場合は、えらの部分や髪の生え際などに洗顔料が残らないように、しっかりすすぎましょう。乾燥する部分には、肌にあった化粧水やクリームを選んで保湿するようにしてください。(看護師)
肌の細胞を活性化させて美肌を目指すのでしたら、睡眠時間はしっかりとりましょう。できれば、成長ホルモンの分泌が盛んになるといわれる22時~翌日2時の間に、1~2時間でもいいので睡眠をとるようにしてください。(看護師)
食事はビタミンを中心に、バランスのとれた食生活を心がけてください。また、動物性脂肪を多く含む高カロリーのもの、ジャンクフードやインスタント食品などはなるべく避けるようにしましょう。(看護師)
便秘は吹き出物の原因になります。乳製品や繊維質を摂ったり、日常的に軽い運動をするようにして便秘を予防してください。(看護師)

自己判断で症状を悪化させないように注意

健やかな肌を保つためには、正しい洗顔の後の保湿の他、食生活や睡眠時間も大切とのこと。これらが完璧にできているのに治らないというときは、専門家の手を借りることが必要な場合も。

自己判断でいろいろなことを試しても、改善するどころか、逆に症状を悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。すでにいろいろ試して効果がないようなら、早めに皮膚科を受診してみることをおすすめします。(看護師)

肌の調子は、健康のバロメーター。自己流のケアで改善しない場合は、あまりいじらず、悪化する前に皮膚科を受診して専門家の指示をあおいでみるのがよいようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加