陰茎

2015/10/18

1日に5回のマスターベーションは多すぎる?

1日に5回のマスターベーションは多すぎる?

男性がマスターベーションをする頻度は、一般的にはどの程度なのでしょうか。もちろん個人差はありますが、1日に何回もマスターベーションをするという人の場合、何か身体によくないことはあるのでしょうか。

20代男性からの相談:「人よりマスターベーションの回数が多いのは異常?」

私は1日に少ないときで2~3回、多いときで4~5回マスターベーションをします。これは何となく多いと思うのですが、実際のところはどうなのでしょうか。他の男性の方にマスターベーションの頻度を聞くこともできないのでわかりませんが、マスターベーションの回数が多いことは異常なことなのでしょうか。 (20代・男性)

1日何回までという基準はない

1日に何回までという基準はないですが、一般的なアンケートなどの回答では、週に1回程度と答えた人が多いようです。回数と健康についてはっきりした医学的なデータはないですが、常に性的刺激を求めてしまう場合は性依存症の可能性もあるようです。

結論からいうと、特に異常ではないと思います。マスターベーションの頻度はアンケートなどの情報しかないのですが、週1回の人が一番多いようで、これは日本のアンケートや海外の医学論文でも同様です。しかしマスターベーションの回数と健康については、はっきりした結論は出ていません。(医師)
個人差がありますし1日に何回までという基準はないですが、一般的に精巣の中の精子が回復するには3日間ほどかかるといわれるため、毎日何回も行うのなら生殖機能にも障害が出やすく、精子の活動力が低下する場合もあります。(看護師)
精子は毎日作られますが、射精しなくても古い精子は自然に身体に吸収されます。マスターベーションの数が多いからといってはっきり異常とはいえませんが、常に性的刺激を求めるようなら性依存症の可能性もあり、この場合は精神科での治療が必要です。逆に、全くしないからといって身体には特に影響はありません。(看護師)

過激なマスターベーションには注意が必要

マスターベーションの仕方が過激で強い刺激に慣れてしまうと、実際の性行為では満足できなくなってしまうこともあります。回数というよりは、その方法にも気を配る必要があるようです。

1日に2回以上マスターベーションすることで、体調不良や日常生活に支障が出なければ問題ないと思います。ただし、頻回なマスターベーションをすることで強い刺激が必要になっている場合、将来パートナーと性交渉したときに射精できない膣内射精障害になる可能性があります。回数を問題にする必要はなさそうですが、マスターベーションの仕方が過激であれば、やり方を見直す必要はあるかもしれません。(医師)
マスターベーションをやりすぎると性器の変形や、強い刺激に慣れて普通の性行為では感じにくく満足できなくなったり、体力を消耗するため集中力や記憶力が低下したりホルモンのバランスを崩すこともあります。(看護師)

1日数回のマスターベーションでは、異常とはいえないようです。しかし、今後ますます回数が増えたり、もっと強い刺激でなければ満足できないようであれば、少し改善の必要があるかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加