健康

2015/10/17

頭がかゆい!気温が高くなると起こるかゆみの原因は何?

頭がかゆい!気温が高くなると起こるかゆみの原因は何?

ある条件のときにだけ起こる頭皮のかゆみ。気温が高いときに頭のかゆみに悩まされるという症状の原因には、いったいどんなことが考えられるのでしょうか。また、解消方法はあるのでしょうか。

20代男性からの相談:「頭皮のかゆみがケアしても治らないのは病気か?」

気温が高くなると、頭皮にかゆみを感じることが増えます。シャンプーを変えたり、本に書いてあった頭皮マッサージを行ってみましたが、あまり変化がありません。美容師に相談して、頭皮環境によいという食生活に変えてみたのですが、これも効果が感じられません。何かの病気か体質によるものなのでしょうか。(20代・男性)

頭皮の不快感は、気温と紫外線が関係

専門家によると、気温が上昇するシーズンに起こりがちな症状があるようです。いったいどんな原因で、どんな症状が起こり得るのでしょうか。

気温が上がると頭皮も汗をかきやすくなり、汗をかいた頭皮は雑菌が繁殖しやすい状態となります。おっしゃる症状は、雑菌が繁殖して炎症が起こったことによるかゆみの可能性がありそうです。(看護師)
紫外線が刺激となって、頭皮に炎症を起こしてしまう場合があります。そうすると、炎症を起こした頭皮にかゆみが発生することが考えられます。(看護師)

日常生活における、よい頭皮環境作りとは

気温が上昇して紫外線も強くなる春から夏にかけては、頭皮環境が悪化しやすく頭皮トラブルが起こりやすい傾向にありそうです。そんな悩みを解消するには、どんな方法があるのでしょうか。

外出時は通気性のいい帽子を被って、直射日光を避けてください。汗をかいたらこまめに拭き取る、汗をかいた後は早めにシャンプーをすることを心がけましょう。髪が短い方は、できれば日中でも水でさっと洗い流すと効果的です。(看護師)
シャンプーの前によくお湯で流し、優しくマッサージするように洗髪してください。かゆみがあるからといって、シャンプー時にゴシゴシ洗ったり、何度もシャンプーするのは逆効果なので控えましょう。(看護師)
シャンプーが残っていると雑菌が繁殖しやすくなるので、シャンプーなどの洗浄成分は十分すぎるほどすすぎ流しましょう。また、洗髪の後はドライヤーでしっかり乾燥させましょう。(看護師)
シャンプーの際、頭皮の庇護膜も剥がれ落ちてしまいますが、これは夜寝ている間に再生できます。ただし、朝シャンプーをしてしまうと、庇護膜が再生されないまま紫外線の刺激を受けることになってしまうので、シャンプーは夜に行いましょう。(看護師)
頭皮環境を整えるため、食事は肉類などの動物性脂肪を控えて、ビタミン、ミネラルを多く摂るようにしてください。(看護師)

頭皮のかゆみ防止策としては、雑菌の繁殖を防ぐことと、紫外線から頭皮を守ることが基本とのこと。まずは、頭皮環境を考えたヘアケアを心がけていくのがよいようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加