口臭

2015/10/23

そばを歩いただけで臭いといわれる…口臭の治し方は?

そばを歩いただけで臭いといわれる…口臭の治し方は?

自分ではきちんと口臭予防対策をしているつもりなのに、周囲から指摘されるのはショックなもの。ケアしてもなくならない口臭の原因は、いったいなんなのでしょう。解消策はあるのでしょうか。

40代男性からの相談:「口臭がひどく解消したい」

妻に口臭を指摘されています。歯磨きや舌ブラシなどで口臭対策はしていますが、最近、私が通っただけで臭いといいます。起床時は口が渇いて口内に不快感があるので臭う自覚はありますが、鼻が悪いためか普段はそこまで自覚症状はありません。口臭の原因は何なのか、どうすれば治るのか教えてください。(40代・男性)

口腔内に問題がある場合

口臭の主な原因は口腔内にあることが多いようです。きちんとデンタルケアをしていても、専門家のアドバイスに従って、もう一度、日常ケアをふり返ってみましょう。

口臭の主な原因は、悪臭を出す口腔内細菌の繁殖です。これらの細菌が増える原因としては歯周病や虫歯、歯石、合わないかぶせものなどが考えられます。(歯科衛生士)
そこまでひどい口臭があることと年齢を考え合わせると、歯周病に罹患している可能性が高いです。一度、歯科を受診して治療を受けましょう。同時に、今の歯磨きで本当に細菌が落とせているか、チェックと指導も受けられます。(歯科衛生士)
舌ブラシを使いすぎて、舌が傷つき、唾液の分泌が低下しているかもしれません。舌ブラシは、舌苔が気になるときだけ、やさしくブラッシングして舌苔を取り除いてください。(看護師)
唾液は天然の抗菌洗浄剤の役目があり、唾液が不足すると口臭がきつくなります。起床時で口が渇いているときに口臭がひどいのは、そのためです。水分補給を心がけ、口で息をするクセがある場合はそれも治してください。殺菌剤配合の洗口剤でまめに口をすすぐと効果的です。(歯科衛生士)
食事の前に耳の下から顎にかけて(耳下腺)をマッサージしたり、こまめに水分をとったり、ガムを噛んだりして唾液の分泌を促してください。(看護師)

口の中以外にも原因が

歯科的な問題がないのに口臭が強い場合は、ほかに原因があることも考えられるようです。歯磨きでは解消できない口臭の原因には、どんなものがあげられるのでしょうか。

食事は臭いの強いものは控えましょう。また、夜遅い時間の食事も避けてください。臭いが気になるからと食事を抜いたりせず、3食バランスのとれた食事を心がけてください。(看護師)
リンゴ、ナシ、パイナップルは天然の歯ブラシともいわれていますから、食後に摂るといいでしょう。(看護師)
喫煙によって口臭が発生する場合があります。喫煙習慣がある場合は、禁煙しましょう。(看護師)
蓄膿や糖尿病などの疾患は口臭の原因になり得ます。歯科的なケアで解決しない場合は、医師に相談してください。(歯科衛生士)

規則正しく健康的な生活習慣や食生活も、口臭予防には大切なのです。また、内臓的な疾患によって口臭が発生する場合もあるとのこと。気になる点があれば、早めに医師に相談してみるのがよいようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加