メンタル

2015/10/24

うつ病が招く精力減退…あきらめて治療に専念すべき?

うつ病が招く精力減退…あきらめて治療に専念すべき?

ストレス社会といわれる現代。多くの人が抱える精神的な問題は、時に性生活にも深刻な影響を与えることがあります。今回は50代の男性からの相談です。仕事のストレスからうつ病になって以来、精力減退にも見舞われて性行為への関心がすっかり薄らいでしまったといいます。うつ病の治療に専念すべきか、あるいはED治療を始めるべきか。悩む男性に専門家からはどのような回答が寄せられたでしょうか。

50代男性からの相談:「うつ病になってから精力減退したが、性行為をあきらめるべきか」

3年ほど前から仕事のストレスでうつ病になりました。その影響か、性行為にもあまり興味が持てなくなりました。妻は精がつく食べ物やサプリを取ればよくなるはずと、肉やマカなどのサプリを買ってきてくれますが、今のところ、効果がありません。今はうつ病の治療に専念し、しばらくは性行為をあきらめるべきでしょうか。それとも泌尿器科などに行ってED診断をしてもらった方がよいのでしょうか。(50代・男性)

精力減退の原因は様々。薬の影響の可能性も

精力減退は様々理由から起こります。精神薬を服用中であれば、それが原因になることもあるようです。

EDの原因としては、年齢によるホルモンの減退や、前立腺など生殖器官の疾患、ストレスや疲れ、糖尿病などの内臓疾患などがあります。(看護師)
仕事のストレスでうつ病を発症したのであれば、精神的なことが原因かもしれません。また、精神薬を服用中であれば、薬の影響かもしれません。現在もうつ病の治療中でしたら、まずは主治医に相談してください。(看護師)

うつ病治療に専念を。焦らずにリラックスすることが大切

つい早く元気になりたいと思ってしまうものですが、今は焦りは禁物です。まずはうつ病治療に専念し、リラックスして過ごすようにしましょう。

しばらくは、うつ病の治療を優先した方がよいと思います。身体的に心配でしたら、泌尿器科を受診してください。(看護師)
普段の生活では、精力のことに神経質にならず、好きなことや軽い運動で気分転換してリラックスしてください。(看護師)
奥様が準備している肉料理やサプリもストレスになっていないでしょうか。いったん精力を高めることから離れるのもよいかと思います。(看護師)

精力減退の原因は様々です。うつ病治療の薬から起きることもあります。薬を服用中であれば、まずは主治医に相談してみるのがよいようです。一刻も早く精力を回復させようと頑張り過ぎると、かえって逆効果になることもあります。まずはうつ病治療に専念し、リラックスして日常生活を送りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加