健康

2015/10/15

化粧水、水分摂取以外の冬場の乾燥肌対策とは?

化粧水、水分摂取以外の冬場の乾燥肌対策とは?

外気の乾燥する冬場は、肌もカサカサと乾燥してしまいがち。肌の調子を健やかに保つには、いったいどんな対策が効果的なのでしょうか。

20代男性からの相談:「冬の乾燥肌対策について」

冬になると顔が乾燥肌になります。意識して水分をいつもより多くとったり化粧水を使ってみたりするのですが、寒さからかトイレの回数が増えたり、洗顔後に化粧水を使い続けることに挫折してしまいます。冬の乾燥肌対策としてはどんな治療方法がありますか。また、費用はいくらぐらいかかるのでしょうか。(20代・男性)

基本のスキンケアをしっかりと

乾燥肌対策の基本は、毎日のスキンケアを手ぬかりなくしっかり続けること。ケアの方法と注意点を専門家に聞いてみました。

乾燥肌の対策としては、やはり保湿を心がけることが一番です。洗顔後は面倒でも化粧水、そしてクリームという二段階でしっかりと保湿してください。時にはパックするのもよいでしょう。(看護師)
洗顔は1日2回。まず、石鹸をよく泡立て、泡で洗う感覚でていねいに洗顔します。洗顔後は、洗い残しのないようにしっかりとすすいでください。特に髪の生え際や、顔の輪郭の部分には洗浄成分が残りやすいので、注意してよく流しましょう。(看護師)
男性だとひげを剃るかと思いますが、直接ひげ剃りを使うと肌の角質まで落としてしまいます。ひげを剃るときは、シェービングフォームなどを使用してください。アルコールの入ったシェービングフォームは乾燥を強くするので、ノンアルコールの製品を選んでください。(看護師)
乾燥肌の治療方法は基本的に保湿を中心としたものになりますが、セルフケアで改善しない場合は、皮膚科で治療が受けられます。皮膚炎では内服薬や軟膏が処方されますが、費用は医療機関によります。費用については一度、お近くの皮膚科医院に問い合わせてみてください。(看護師)

健康な肌のため、身体の中からも調子を整える

乾燥肌を解消し健康な肌を保つためには、他にも日頃から心がけておかなければならないことがあります。外からのスキンケア以外、どんなことに気をつけたらよいのでしょう。

バランスのとれた食事を心がけましょう。特に、身体を温める根菜や、緑黄色野菜や果物などのビタミンを多く含んだ食品を多く摂るように心がけてみてください。(看護師)
ストレスや睡眠不足はお肌に影響します。できるだけ規則的な生活を心がけて、しっかり睡眠をとってください。(看護師)

外からの肌保湿に加えて、内側からも体調を整えることが健康な肌作りには大切。また、何よりもこれらの両方を毎日継続していくことが一番のポイントといえそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加