体臭

2015/10/11

5歳の娘に「パパ臭い」…出始めた加齢臭、どう対策する?

5歳の娘に「パパ臭い」…出始めた加齢臭、どう対策する?

ただでさえ気になる体臭ですが、愛する我が子に指摘されてしまうと、そのショックは相当なものです。今回の相談者は30代の男性ですが、かわいい盛りの愛娘に「臭い」といわれてしまったといいます。体臭を改善するにはどうしたらよいのでしょうか。

30代男性からの相談:「加齢臭とその対策について」

これまで他人に体臭を指摘されたことがなく、自分でも体臭は薄い方だと思っていたのが、先日5歳になる娘を抱きかかえた際に「臭い!」といわれてしまいました。タバコもお酒も飲まないので、かなりショックを受けました。妻は気にならないといってくれますが、やはり正直な子どもにいわれたのがショックで尾を引いています。加齢による体臭だとすれば、具体的にどのようなことを心がければよいのでしょうか。(30代・男性)

抱っこされて気づくのは口臭や髪の臭い。病気が原因のことも

体臭にもいろいろありますが、子どもが抱き抱えられて気づくのは、口臭と頭皮の臭いではないかとの声がありました。病気が原因のこともあります。場合によっては病院で相談しましょう。

体臭のない人はいません。気にしすぎはよくありませんが、子どもを抱きかかえたときに指摘されたのであれば、頭皮の臭いや口臭の可能性があります。(医師)
男性の加齢臭は、男性ホルモンや男性特有の臭い成分によるものですが、肝機能低下や糖尿病などの疾患でも体臭が強くなります。定期的に健診を受けて、体調管理も行ってください。(看護師)
口臭は歯周病や虫歯が原因の可能性があります。自覚症状がなくても検診をかねて一度、歯科を受診してみましょう。(医師)

生活習慣や食生活を見直して。健康的な生活で体臭予防を

生活習慣や食生活の見直しは体臭予防に効果があります。バランスのとれた食事と規則正しい生活を心がけましょう。

動物性脂肪を含むもの、インスタント食品など、高脂肪、高カロリーの食事は控えましょう。野菜や果物中心で、肉より魚の和食など、バランスのとれた食事を心がけましょう。(看護師)
タバコやお酒はもちろん、油分の多い食事や肉が多い食事も臭いの元です。(医師)
毎日、適度な運動を行って汗をかくようにすれば、汗の質がよくなり、体臭予防になります。汗はもともと無臭ですが、時間の経過で臭いに変わります。汗をかいたら、こまめに拭き取りましょう。(看護師)
睡眠をしっかりとって、気分転換をし、ストレスをためないようにしてください。(看護師)
髪の臭いは残った皮脂に細菌が繁殖したときの臭いです。シャンプーをしっかり洗い流し、髪はできるだけ早く乾かしましょう。(医師)
入浴時は、湯船に浸かって汗をかいてから、身体を洗うようにしてください。体臭予防や消臭効果のある石鹸を使うとよいでしょう。耳の後ろも忘れずに洗って、石鹸が残らないよう、しっかりすすぎ流してください。(看護師)
健康診断で要注意の項目があれば食事や運動を改善しましょう。これをきっかけに、自分の身体を見直しましょう。(医師)

子どもを抱っこしたときに指摘される臭いは、口臭や頭皮の臭いの可能性があるようです。口腔ケアやヘアケアを心がけましょう。生活習慣や食生活の見直しも有効です。できることから始めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加