薄毛

2015/10/10

抜け毛防止には、シャワーの設定温度は何℃がいい?

抜け毛防止には、シャワーの設定温度は何℃がいい?

抜け毛防止にヘアケアは欠かせません。シャンプーするとき、シャワーは熱い方がよいのか、それとも冷たい方がよいのか、悩ましいところです。専門家に聞いてみたところ、実は理想的な温度があることがわかりました。

50代男性からの相談:「抜け毛予防に最適なシャワーの温度について」

抜け毛防止のヘアケアの場合、頭皮は温めた方がよいのか、それとも冷やした方がよいのか悩んでいます。シャンプーを洗い流すときには温かいシャワーでよいのでしょうか。温かい方が血流がよくなるように思いますが、温かいお湯だと荒れやすいし毛穴もゆるんでしまうから、毛穴を引き締めるために冷やす方がよい、という人もいます。抜け毛を少なくするためのケアについて、ぜひアドバイスをお願いします。(50代・男性)

皮脂を落とし、髪を傷めない理想の温度は38℃

皮脂を溶かし、髪や頭皮を傷めないシャワーの温度は38℃のようです。皮脂が落ちやすくなることでシャンプーも少量で済み、余計な刺激を与えずに済むとの声もありました。

頭皮への刺激を防ぐには、ぬるめのお湯でシャンプーした方がよいでしょう。血行をよくするためには、たしかに温めた方がよいですが、直接、頭皮を温めるのではなく、湯船につかって全身の血行をよくしてください。(看護師)
頭皮の血流は頭部を温めなくても、湯船に入るなどして身体を温めれば改善します。(医師)
シャワーの温度は38℃程度が理想です。シャンプーの目的は、余分な皮脂や汚れを落とすことです。皮脂は油なので、冷たいシャワーでは溶けずに残ってしまいます。皮脂が溶けるのは30℃以上の温度が必要です。しかし、逆に40℃以上のシャワーを使用すると、頭皮に必要な保湿成分まで流れ出し、熱の刺激で頭皮が乾燥しやすくなってしまいます。また40℃を超える熱は髪自体へダメージも与えてしまいます。(医師)

シャンプーの仕方にも気をつけて、髪によい生活を

髪の洗い方にも気をつけることで、よりよいヘアケアができます。生活習慣や食生活も見直しましょう。

洗髪の際には、シャンプーが残らないように十分すぎるほどすすいでください。シャンプーのしすぎは頭皮を傷め、抜け毛の原因になります。シャンプーは低刺激のもので、1日1回でよいでしょう。(看護師)
シャワーの温度は38℃を超えない程度に設定し、シャンプーの前の髪を濡らす時点で、頭皮全体が38℃になるよう、しっかりと長い時間シャワーをあてて、ある程度余分な皮脂や汚れを取りましょう。そうすることで、シャンプーをたくさん使う必要もなくなり、余分な刺激を与えずに済みます。(医師)
抜け毛予防には、シャンプー以外に生活習慣や食事の見直しも必要です。不規則な生活や偏った食事をしているのでしたら、生活を改善してください。(看護師)

抜け毛防止に理想的なお湯の温度は38℃なのですね。適切なヘアケアで抜け毛を予防しましょう。シャンプー以外にも健康的な生活は、抜け毛予防に効果があります。できることから始めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加