口臭

2015/10/09

歯磨きやガム、タブレット以外に口臭をなくす方法は?

歯磨きやガム、タブレット以外に口臭をなくす方法は?

口臭ケアの基本はオーラルケア。けれども、きちんと歯磨きしているという人の中にも、かなりの割合で口臭問題を抱えている人がいるのです。はたして、口臭の悩みを解消する方法はあるのでしょうか。

10代男性からの相談:「歯磨きしても口臭がするのはなぜ?」

口臭に悩んでいます。歯は毎日朝と寝る前に磨いているのに、喋ったり手で口をおおって息を嗅ぐと、口臭が感じられます。ガムやタブレットを口に含んでいる間はよいのですが、ずっと物を口に含んでいるのはあまり好きではありません。歯磨きしても口臭がするのはなぜでしょうか。治療法や対策はありますか。(10代・男性)

やはり口臭の原因は口腔内に多い。唾液も関係

口の臭いは、口腔内の問題に起因するものが一番多いといわれています。中には、歯磨きでは解消できないものも。口に関する問題について、専門家に聞いてみました。

虫歯、歯垢、歯石、歯周炎、歯槽膿漏、舌苔という舌についた白い苔のようなもの(舌ブラシでブラッシングして落とせます)、唾液の分泌の低下など口の中の問題は、主な口臭の原因の一つです。(看護師)
まじめに歯磨きをしていても、自己流の歯磨きは磨き残しが多いことがあります。一度、歯科医院で健診を受け、歯磨き指導を受けることをおすすめします。また、歯石がたまっていたり、歯周病や虫歯などの歯科疾患、合わないかぶせものなどが原因で、口の中の悪臭を出す細菌が増えてしまっていることもありえますので、チェックと治療をしてもらいましょう。(歯科衛生士)
唾液は天然の抗菌洗浄液です。水分をしっかり補給し、よく噛んで食べ、口で呼吸する癖がある場合は治しましょう。(歯科衛生士)
ガムを噛むのは、唾液をたくさん出す意味でも有益なのですが、糖分が含まれていると逆に細菌のエサに。たとえばキシリトールは細菌のエサにならない甘味料ですが、いわゆる「キシリトール配合」というガムの中には数10%がキシリトールで、残りは糖分というものもあります。表示をよく見て、本当にシュガーレスのものを選びましょう。(歯科衛生士)

オーラルケアでは解消できない原因も

口腔内に問題がないか確認することは、とても大切とのこと。しかし、場合によってはオーラルケアでは解消できないこともあるようです。他の原因としては、どんなことが考えられるのでしょう。

ストレスや疲れは口臭の原因になります。規則正しい生活を心がけ、運動や趣味でストレスをためないようにしてください。(看護師)
胃腸や肝臓などの消化器官が弱っていたり、糖尿病などの内臓の疾患があれば、それも原因の一つです。(看護師)
食生活では、臭いの強いものや脂肪を多く含む食品、高カロリーのものは避けること。動物性脂肪は消化が悪く、翌日まで臭いが残ったり、胃がもたれたりするためです。特に夕食のときは控えるようにしましょう。(看護師)

口臭の問題は、どうやら歯磨きだけでは解消できないようです。口臭対策としては、健康的な生活を心がけて普段から体調を整えたり、たまった疲れやストレスはきちんと解消するのがよいようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加