健康

2015/10/06

風俗を利用するが性病を予防したい!どうしたらいい?

風俗を利用するが性病を予防したい!どうしたらいい?

セックスを楽しむ上で気になるのが性病。今回の相談者は、風俗をよく利用するという40代の男性です。できるだけ性病になるリスクは避けたいと願っているようですが、性病予防のため、行為の前後にできることはあるのでしょうか。なかなか人に聞けないセックスの悩み、専門家に聞いてみました。

40代男性からの相談:「風俗を利用する際、性病予防で気をつけることは?」

風俗をよく利用しますが、性病のリスクを少しでも軽減するにはどうしたらよいでしょうか。基本的にコンドームは着けるようにしていますし、アブノーマルな危険なプレイは一切していません。それでも性行為である以上、唾液や膣液との接触は避けて通れないと思います。性病予防のため、プレイ前に行うことでリスク軽減に効果的なもの、プレイ中に特に気をつけるべきことなどあれば教えてください。(40 代・男性)

性病予防には不特定多数と行為しないことが一番

不特定多数の相手との行為は、どうしても性病のリスクを高めてしまいます。性病を避けようと思えば、風俗の利用を控えるのがもっともよいとの意見が寄せられました。

性病のリスクを減らすには、不特定多数の人と性行為をしないことです。性病の中には、危険な行為でなくても、口での行為によって感染するものもあります。自分が感染し、他の人と行為することで、さらに感染を広げます。(看護師)
性器から喉に感染するようなクラミジアや淋病はキスやオーラルセックスでも感染することがあります。(医師)
風俗店側が良心的であっても、毎日、性病検査を行うことは不可能ですし、前の客が持っていた性病が女性を介して感染してしまう可能性もあります。(医師)
自分の身体を守るだけでなく、相手のことを思うのでしたら、風俗店の利用は控えるようにしてください。(看護師)

行為前には検査、行為中はコンドーム、行為後は入浴を

風俗を利用するなら、行為前に定期的に検査を受け、行為中は必ずコンドームをつけて、行為の後には手洗いや入浴が必要です。少しでも体調に異変を感じたら、すぐに受診しましょう。

プレイ前に行うことといえば、定期的に性病の検査を受けることです。少しでも体調に異変があれば、早めに病院を受診してください。(看護師)
基本的に性病の感染は体液の接触ですが、丈夫な皮膚や粘膜であれば、体液と接触しても感染しません。しかし、人の皮膚や粘膜には目に見えない傷があることもあるため、コンドームの使用は重要です。(医師)
基本的に風俗を利用する以上、完全に性病を防ぐことは困難です。その上でできる予防としては一番にコンドームの使用、そして利用後の手洗いや入浴です。(医師)

不特定多数と行為しないことで性病のリスクは減らせます。風俗は利用しないに越したことはありませんが、利用するのであれば、行為前に定期的な検査をし、行為中はコンドームを使用、行為後には手洗いや入浴を行い、体調に異変を感じたらすぐに病院に行くように心がけましょう。

                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加