メンタル

2015/10/04

要領が悪く仕事でミスが多い自分が嫌・・・もしかしてADHD?

要領が悪く仕事でミスが多い自分が嫌・・・もしかしてADHD?

職場でミスの連発は、誰だって落ち込んでしまいます。要領の悪さとは、なんらかの病気からくることがあるのでしょうか。不安な気持ちを解消するには、どうすればよいのでしょう。

20代男性からの相談:「仕事で要領が悪いのは、ADHDなどの障がいでしょうか」

昔から人に比べて要領が悪く、アルバイトでもミスが目立ちます。スムーズに仕事をこなす周りの人々が、自分の陰口をたたいているのではないかと思ってしまいます。アルバイト以外でも罪悪感や圧迫感があるのですが、要領の悪さはADHDなどの障がいによるものなのでしょうか。(20代・男性)

ADHD症候群とは

要領が悪いということを気にしている質問者。これは、ADHDなどの発達障害によるものである可能性があるのでしょうか。

ADHD症候群(注意欠陥多動性症障害)、アスペルガー症候群(広汎性発達障害)、自閉症の特徴としては、落ち着きがない、約束を守れない、集中力がない、仕事や作業を最後までやりとげられないなどあります。要領が悪いからといって発達障害とはいえませんが、気になるようでしたら心療内科や精神科を受診してみてください。(精神科看護師)
今ではADHDはよく知られる病気であり、また多くの人がADHDになっています。状況からADHDではないと思われますが、気になるようでしたら精神科などで一度、詳しく話を聞いてもらってください。(内科医師)

他人と自分を比べないこと

要領の悪さと発達障害は、直接、関係があるわけではなさそうです。ミスを減らしてスムーズに仕事を進めていくには、どんな点に気をつけたらよいのでしょうか。

教わったことはメモし、自信がないときは周りの人に確認するなどして、同じ間違いを繰り返さないようにしてください。ミスは誰にでもありますから、失敗と思わず、次に進むためのステップと考えてください。(精神科看護師)
要領の悪さを克服するには、それなりの努力が必要です。頼まれたことはメモを取り、一つひとつしっかりこなし、それがあなたの長所となるように努力しましょう。誰でも向き不向きはあるものです。あなた自身があなたのいいところを見つけて、自信が持てるようになることを願っています。(内科医師)
仕事のやり方は人それぞれですから、他人と比べないこと。自分には無理だと思ったら上司に相談して、できる仕事をするようにしてください。ダメな人間と思う必要はありません。誰にでも得意、不得意がありますし、自分ができることを続けることが大切なのです。(精神科看護師)
精神的にどうしても無理だと思ったら、いったん仕事をやめて休む勇気も必要です。とにかく、思いつめないこと。不安な気持ちは友達や家族に吐き出すようにしてください。カウンセリングを受けて、専門家の意見を聞いてもいいと思います。(精神科看護師)
複数のことを同時にできる人と、一度に一つのことしかできない人がいます。たくさんのことを同時進行できるからといって優れているわけではありません。(内科医師)

まず、他人との比較は無意味です。また、仕事では毎日繰り返しの作業も多いもの。同じミスを何度も連発しないよう、教わったことをメモすることから始めてみるのがよいようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加