健康

2015/10/04

フケが多い・・・原因はシャンプー剤?それとも洗い方?

フケが多い・・・原因はシャンプー剤?それとも洗い方?

毎日シャンプーしているのに、一向に減らないフケ。いったい原因は何なのでしょうか。フケを減らすには、何に気をつければよいのでしょうか。

40代男性からの相談:「フケを減らす方法は?」

フケが多くて困っています。耳の下や前頭部、特にモミアゲの上のあたりがひどいです。毎日シャンプーしていますが、シャンプーが合わない気もします。シャンプーの問題なのか、洗い方に問題があるのか、わかりません。何かよい方法はないでしょうか。(40代・男性)

フケには2種類あり。タイプによって原因は異なる。病気の可能性も

フケにはタイプがあり、それぞれに原因は異なります。病気が原因の可能性もありますから、場合によっては病院を受診しましょう。

フケは頭皮の細胞が剥がれ落ちたものです。フケが乾いているときは乾性のフケ、くっつきやすいときは脂性のフケと判断します。(内科医師)
乾性のフケは皮膚の乾燥が原因です。シャンプーのし過ぎで、皮脂が減り過ぎていることも関連します。シャンプーは赤ちゃん用など刺激の少ないものを選び、1日1回だけにしましょう。(内科医師)
脂性のフケは皮脂を栄養にして増えた菌が原因であることが多いです。脂肪分の摂り過ぎに注意を。皮脂の代謝を整えるビタミンBの摂取もおすすめです。(内科医師)
洗髪方法や食事などを変えても改善しない場合、フケではなく、脂漏性皮膚炎の可能性があります。マラセチアというカビが産生した物質が皮膚を刺激し、皮膚炎を起こすものです。皮膚科を受診し、塗り薬や内服薬で治療を行います。(内科医師)

生活習慣や食事の影響も。健康的な生活を心がけて

健康的な生活はフケにも有効です。ヘアケアだけでなく、生活習慣や食事も見直してみましょう。

かゆみを伴うなら、シャンプーが合っていない可能性があります。アルコールや海面活性剤を含まない、自然素材のものや、アミノ酸系のシャンプーは、刺激が少なくてよいと思います。(看護師)
洗髪はシャンプーに頼らず、その前のお湯での洗いを中心に。お湯の温度は38℃程度が目安です。(内科医師)
シャワーで1分くらい髪を充分に流しましょう。これで汚れはほとんど落ちます。手で泡立て、頭皮をマッサージするように優しく洗います。ごしごし擦ると頭皮を傷つけ、逆効果です。洗い終わったらシャンプーが残らないように、しっかりとすすぎを。リンスは髪につけ、よく流します。水分やシャンプーが残っていると毛根に雑菌が繁殖し、フケ、かゆみ、臭いの元に。ドライヤーでしっかり乾かしましょう。(看護師)
規則的な生活を心がけ、ストレスをためないようにしましょう。寝ている間に成長ホルモンが分泌され、頭皮の環境を整えます。睡眠はしっかりと。(看護師)
高カロリー、脂っこい食べ物は避け、様々な食材をバランスよく食べましょう。髪や頭皮によい栄養はタンパク質や海藻類、ビタミン類です。飲酒、喫煙は控えましょう。(看護師)
レバー、魚介類、大豆製品、穀類、果物に含まれるビタミンBを摂りましょう。ビタミンBはストレス予防にも有効です。(看護師)

フケには種類があり、それぞれに対処法も違ってきます。自分のフケのタイプを知ることが大切です。生活習慣や食生活もフケ予防には有効です。病気が原因のこともありますから、改善しない場合は、病院に相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加