ED

2015/09/23

中折れ対策に試したいバイアグラ、処方に必要な検査は?

中折れ対策に試したいバイアグラ、処方に必要な検査は?

年とともに気になってくる行為中の中折れ。精力増強といえばバイアグラが有名ですが、いざ試してみようと思っても、どうやって手に入れたらいいかわからない、という人も多いのではないでしょうか。やはり病院で処方してもらうのがよいのでしょうか。専門家に聞いてみました。


40代男性からの相談:「バイアグラの処方にはどんな検査が必要?」

30代後半から性行為の途中で中折れをする頻度が増えてきました。挿入前にはカチカチで大丈夫と思っても、いざ挿入すると次第に萎んでしまい、ムードが冷めてしまいます。相手に魅力がないわけでもなく、中折れを防ぐにはバイアグラしかないのでしょうか。バイアグラは処方でしか購入できませんが、どのような検査で処方されるのでしょうか。また、健康保険を使うと会社にもわかってしまうのではないかと悩んでいます。(40代・男性)


問診から始まり、必要に応じて検査して判断

既往症によっては服用できない場合もあるため、病院で処方してもらうのがよいようです。問診から始まり、必要なら検査をするというのが一般的な流れになります。

機関にもよりますが、一般的に問診から始まります。年齢や家族構成、生活習慣や食生活、飲酒喫煙など、日常的なことから、症状について聞かれます。チェック項目でEDと判断されれば、体温、血圧、心電図、血液検査など一般的な検査で、ホルモンバランスや、内服や注射など治療薬が適応できるか判断します。(看護師)
最近は専門のクリニックが増えましたし、男性医師が対応するところや、完全にプライバシーを保護してくれるところもありますから、事前に問い合わせたり、ホームページで調べてから受診するといいでしょう。(看護師)
最近は、インターネットでも手軽に購入できるサプリや薬がありますが、偽造品もあります。他の薬と併用できないものや、高血圧など心臓血管の疾患がある人には服用できない場合がありますから、自己判断ではなく、きちんと病院で処方してもらうようにしてください。(看護師)

ED治療は保険適用外。リラックスすることで改善することも

ED治療は、基本的に保険がききませんから、治療費が割高になることも。中折れの原因の多くはストレスやプレッシャーによるものなので、リラックスすることで改善が見込めることもあります。

前立腺肥大症や、糖尿病などの疾患によるEDでしたら、保険が適応できる場合がありますが、基本的にEDの治療は自由診療のため、保険が適応されません。保険証は必要ありませんが、治療費は割高になります。(看護師)
EDの原因には、生活習慣や食生活が大きく関わっていますが、中折れの場合は、ストレスやプレッシャーなどの心因的なことがほとんどです。成功させなければと使命感を持たず、リラックスして行えるとよいでしょう。(看護師)
いい睡眠をとって、疲れを残さないことや、日頃から適度な運動をすることも必要です。(看護師)

バイアグラは病院で処方してもらって服用するのがよいようです。ストレスが原因のことも多いので、日頃の生活習慣も見直してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加