多汗症

2016/07/05

汗かきで毛深いので、汗がたまる・・・臭いは大丈夫?

汗かきで毛深いので、汗がたまる・・・臭いは大丈夫?

真夏の厳しい暑さで、朝の通勤時から汗だくになってしまうこともしばしば。べたつきと汗の臭いは、本当に不快なものです。もし、この不快な臭いが人にも嫌な思いをさせていたら…。夏の汗の悩みを解消するために、日常生活でできることはないでしょうか。

40代男性からの相談:「夏の汗の臭いが気になります」

もともと体臭はあまりない方だと思いますが、非常に汗っかきなので、夏の間はどうしても汗の臭いが気になります。今まで他人から臭いについて指摘されたことはありませんが、電車や職場などで周りの方に不快な思いをさせていないかと、気を使ってしまいます。毛深いので汗がたまりやすく、なかなか乾かないこともよくあります。脱毛なども含め、よい対処法があれば教えてください。(40代・男性)

汗の役割と汗対策

汗には大切な役割があるので、抑えるのではなく、汗をかいたらすぐに拭きとることで、時間の経過とともに出てくる臭いを抑えましょう。

汗は、体温調整、皮脂や老廃物の排出などの作用があるので、抑えるのはよくありません。抑えるのでなく、汗をかくことで汗が循環し、質がよくなり、臭いも抑えられます。(看護師)
汗をかいた直後は臭いも色もありませんが、時間の経過で臭いや黄ばみに変わります。ワキ毛についた汗に雑菌が繁殖すると臭いがきつくなるので、ワキ毛は剃るか短くした方がよいでしょう。ただし、ワキガの場合は根本的な解決策になりません。汗をかいたらすぐに拭き取り、汗拭きシートやデオドラントシートでワキの下を清潔にしてください。できれば、汗のついた服は早めに取り替えてください。(看護師)

夏の体臭を防ぐ4つのポイント

体臭を防ぐため、1.お風呂の入り方、2.適度な運動、3.食事の注意、4.ストレス対策のポイントを意識して夏を過ごしましょう。

1.入浴は、まず湯船に5分以上浸かり、汗をかいてから、殺菌作用や消臭効果のある石鹸で身体を洗いましょう。湯船にコップ1杯程度のお酢を入れると、お酢に含まれるクエン酸が発汗作用を促すといわれています。また、お酢の殺菌作用で体臭を抑える効果もありますが、お酢の刺激で肌を傷める場合があるので、少量から試してみてください。(看護師)
2.適度な運動で汗をかくようにしましょう。汗をかくと脱水や鉄分などのミネラルの損失が起こるので、ミネラルウォーターやスポーツドリンクでの水分補給も忘れないようにしてください。(看護師)
3.食事は、脂っこいものを控え、野菜中心の和食を心がけましょう。(看護師)
4.ストレスも体臭をきつくする原因になるので、気分転換を図ったり、好きな趣味でストレスをためないようにしましょう。(看護師)

汗をかくことは身体にとって大切な働きなので、無理に抑えることはよくありません。汗をかいて時間が経つと臭うので、すぐに拭くことや、生活の中でできる入浴法・運動・食事法・ストレス解消などの対策を取り入れていくとよいようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加