口臭

2015/09/21

歯磨きしても気になる口臭は、内臓の病気によるものか?

歯磨きしても気になる口臭は、内臓の病気によるものか?

自分ではなかなか気づかない口の臭い。家族から口臭を指摘された40代の男性は、内臓の病気が原因ではないかと悩んでいます。専門家からはどのような回答が寄せられたでしょうか。

40代男性からの相談:「口臭の原因は何なのでしょうか」

最近、家族から口が臭いといわれます。以前も同じことがあり、そのときは音波歯ブラシを購入して歯を磨くようにしたら、口臭がなくなりました。それ以降ずっと、音波歯ブラシを使っています。もしかしたら気づかない磨き残しがあるのではと思い、歯医者に行きましたが、歯はとてもよく磨けているといわれました。歯の磨き残し以外で口臭の原因となるものは何ですか。内臓の病気で口臭がすることはあるのでしょうか。(40代・男性)

内臓の病気が口臭の原因となることも

口臭は内臓の病気からも起こります。病気によって臭いは異なるようです。

口臭の原因は、歯垢などの口の中の問題がありますが、内臓が原因の場合、口臭が酸っぱい臭いがします。卵が腐ったような生ぐさい臭いの場合、胃腸の弱り、胃酸過多、消化不良、胃がんなどが考えられます。アンモニア臭だと、腎臓や肝臓の機能低下や疾患が考えられます。血生ぐさい、野菜が腐ったような臭いなどの場合は、肺疾患を疑います。(看護師)
便秘になると、腸内に多量のガスが発生し、そのガスが血液を通して体内に行き渡り、口臭をきつくします。(看護師)
糖尿病では、糖の代謝異常のために甘酸っぱい口臭がします。(看護師)
唾液の分泌低下、舌苔(下についた苔のようなもの)口呼吸、食生活や生活習慣なども原因となることがあります。(看護師)
唾液の分泌低下は、口腔内を乾燥させて雑菌が繁殖しやすくなるため、口臭の原因になります。(看護師)

生活習慣や食生活も口臭の原因に

口臭の原因は病気だけではありません。生活習慣や食事が原因となることもあります。

口臭があるといっても、全て内臓が悪いことによるとは限りません。口臭の原因には、食生活や日常生活も主に関わっています。(看護師)
1日3度、野菜や果物中心のバランスのとれた食事を心がけてください。 暴飲暴食や遅い時間の食事、インスタント食品や外食、高脂肪、高カロリーのものや、臭いのきつい食事は控えるようにしてください。(看護師)
適宜、水分をとって、口の中の乾燥を防いでください。飲酒・喫煙も控えましょう。(看護師)
疲れやストレスも口臭を強くしますから、気分転換したり睡眠をしっかりとって、身体を休めてください。(看護師)
まずは生活習慣や食生活を見直し、体調不良に心当たりがあれば、病院を受診してください。 (看護師)

内臓の病気や生活習慣が口臭を引き起こすことがあります。生活や食事を見直しても、口臭が改善されないようなら、病院で相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加