メンタル

2015/09/14

これってパニック障害?仕事で焦り頭が真っ白に!

これってパニック障害?仕事で焦り頭が真っ白に!

思いもかけぬ不測の事態が起こると、誰でも焦ってしまうものです。何かトラブルが発生すると、大混乱してパニック状態に陥ってしまう人もいるようですが、パニック障害ということは考えられるのでしょうか。

40代男性からの相談:「仕事がトラブルと何も考えられなくなるが、パニック障害では?」

私は、仕事が立て込んだり時間的に間に合わなかったりミスをしてしまうと、パニックというか他のことが考えられなくなります。最近、パニック障害という言葉を知り、言葉だけで具体的なことはわかりませんが、私はパニック障害ということはあり得るのでしょうか。その場合、治療法や治療機関はどこがよいか教えてください。(40代・男性)

パニック障害について

パニック障害は、急な動機や目眩などの身体症状とともに強烈な不安感に襲われ、自分をコントロールできなくなる病気です。診察は精神科や心療内科となり、心理療法や内服薬での治療が行われるようです。

ミスをしたとき、頭が真っ白になり何も考えられなくなることは誰にでもあります。症状だけで判断するのではなく、脳の機能障害や甲状腺障害などがないか身体の検査も行い、パニック障害と診断されたら日常生活指導や内服治療が始まります。パニック障害の治療は、心療内科や精神科になります。(看護師)
パニック障害は、突然の動悸や呼吸困難や目眩などの症状に合わせ、強い不安や恐怖心を抱くことで、電車やバスやエレベーターなど限られた逃げ場のない空間や人の注目を集めたり緊張する場面、体調が悪いときなどに発作を起こします。さらに一度発作を起こすと、また発作が起きるのでは?という恐怖が発作を誘発します。(看護師)
パニック障害は、脳内のアドレナリンとセロトニンという物質のバランスが崩れることで起こるといわれていて本人の性格とは関係なく、治療は内服薬と心理療法があり精神科で診断してもらいます。(内科医師)
パニックが起こるのは、仕事が多いときやミスをしたときなどと原因がはっきりしていて、呼吸困難などの症状はないようなので、パニック障害ではないと思われます。仕事が忙しくて大変だと思いますが、必ず解決できると信じ一つひとつ坦々とこなしてみてください。(内科医師)

パニック障害と診断されたら

もしもパニック障害と診断されたら、どのようなことに注意をして生活すればよいのでしょうか。

日常生活では、発作を起こしやすい場所になるべく近寄らないこと、バスや電車に乗るときは、気分が悪くなったら途中下車して休めるよう時間に余裕を持って行動してください。会議中などは簡単に退席できないでしょうから、コーヒーやお茶など温かい飲み物を用意して一呼吸おくようにしてください。(看護師)
突然の呼吸困難で死ぬのではないかと不安になりますが、パニック障害の発作で死ぬことはないですし、すぐに発作は治まるので、慌てず深呼吸をして気持ちを静めてください。できれば友人や家族など1人でもよいので味方につけ、単独での外出が難しいときは一緒に出かけたり、不安なことは打ち明けるようにしましょう。1人で抱え込まず、ましてやアルコールで気を紛らわそうなどしないでください。(看護師)

トラブル発生時には、誰でも動揺してしまいパニック状態になることはありますが、今後症状がひどくなり不安なときは、心療内科もしくは精神科の受診を検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加