健康

2016/07/05

肌のかゆみがおさまらない・・・どうすれば改善できる?

肌のかゆみがおさまらない・・・どうすれば改善できる?

なかなか治らない肌のかゆみはつらいもの。改善するには、どんなスキンケアをすればよいのでしょうか。

20代男性からの相談:「肌のかゆみの原因と対策」

最近、肌にかゆみを感じることが多いため、スキンケアを意識していますが、あまり効果がありません。どうすれば改善されるのか教えてください。今は洗顔フォームや植物性のオイルを使用してケアをしています。ただ敏感肌用などの種類が豊富にあるため、何が自分の肌に合っているのかも知りたいと思っています。またこれから夏になり、気温が高くなってくるので肌荒れも心配です。仕事柄外出が多く、外にいることがほとんどのため、外でできる対策が知りたいです。(20代・男性)

低刺激の徹底を。汗や紫外線にも注意

入浴時、肌への刺激を最小限に抑えるため、お湯だけ、手だけで洗ってみましょう。乾燥、汗、紫外線など刺激となるものに注意し、食事や睡眠の習慣も見直しを。

肌にかゆみがある場合は、洗顔フォームなどは使わない方がいいでしょう。石鹸が肌にあっていない場合もありますから、しばらくはお湯か水だけで洗ってみてください。体も、お湯で流すだけでも汚れは落ちます。石鹸を使うのであれば、界面活性剤の入っていないもの、自然素材や無添加のものがいいでしょう。洗うときはスポンジやナイロンタオルは使わず、手で洗ってください。熱いお湯よりぬるめのお湯の方が、肌への刺激が少ないです。(看護師)
入浴後は、保湿クリームやローションなどで保湿してください。入浴後は肌が乾燥しやすいので、なるべく早めに塗るようにしてください。クリームやローションも、低刺激のものがいいでしょう。(看護師)
外出時は、汗をかいたらこまめに拭きとってください。紫外線による刺激もありますから、外に出るときは、日焼け止めを塗ったり、薄手の長そでで紫外線をなるべく避けてください。(看護師)
食事はビタミン類を多めにとること、辛いものや、刺激物は控えてください。ストレスや睡眠不足も肌の代謝を悪くしますから、気分転換して、しっかり睡眠をとるようにしてください。(看護師)

アレルギーや疾患との関連も

スキンケア用品が合わずにアレルギー反応を起こしている可能性も。疑わしいものの使用を中止して、様子を見てみましょう。また、かゆみが全身疾患のサインであることも考えられます。改善しないようであれば、受診も検討するとよいでしょう。

読ませていただいた限りには、アレルギーの可能性があると思います。アレルギーは皮膚に赤みとかゆみが出るものですので、アレルギーによってかゆみが出ているかかどうか確認するには、疑わしいスキンケア用品の使用を1週間中止してみることですね。1週間使用しない間、かゆみが出ないようであれば、それによるアレルギーといえるでしょう。(看護師)
かゆみがあるとき、赤いぶつぶつがでるようでしたら、蕁麻疹と思われます。蕁麻疹には、アレルギー性、温度によるもの、金属など機械的刺激によるものがあります。また、糖尿病や、肝機能障害など、疾患による肌のかゆみもありますから、一度、病院で検査されたほうがいいかと思います。(看護師)

肌のかゆみは、肌にとって刺激になるものを極力排除することで改善に向かう可能性があります。アレルギーや全身疾患との関連が疑われる場合は、受診も視野に入れる必要があるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加