口臭

2015/08/29

口のケアをしても出てくる口臭・・・対策法は?

口のケアをしても出てくる口臭・・・対策法は?

口臭は、自分ではなかなか気づかないもの。だからこそ「もしかしたら臭うのでは?」と思うと、人目も気になり不安が増してしまうかもしれません。どんな工夫をしておけば口臭対策は万全なのでしょうか。

20代男性からの相談:「しつこい口臭への対策は?」

口臭がとても気になります。気になるたびに歯を磨くのですが、何度磨いても臭いが取れない気がします。虫歯があると口臭がすると聞いていますが、歯は定期的に治療しており、歯科医に相談しても大丈夫ですよ、といわれます。口腔洗浄剤で口をゆすいでも、やはり臭いは後で出てきます。この口臭に対して、他にできる対策はあるでしょうか。(20代・男性)

口臭の原因とは

口臭は、虫歯以外にも様々な原因が考えられます。

口臭の原因としては、虫歯などの口の中の疾患がありますが、それ以外にも胃腸の弱りや内臓疾患、便秘、唾液の分泌低下、舌苔(舌についた苔のようなもの)、口呼吸、食生活や生活習慣などが影響します。(看護師)
消化機能が低下していたり便秘症があったりすると、腸内にガスが発生し、血液を通して全身に行き渡るため、腐敗臭やアンモニア臭を伴う口臭が発生します。また、唾液の分泌低下は、口腔内を乾燥させて雑菌が繁殖しやすくなるため、口臭の原因になります。(看護師)

適切な口腔ケアがポイント

歯はていねいに磨き、舌苔も落としましょう。

気になって何度も歯磨きをしているようですが、歯磨きの際には、歯間ブラシなども使って歯垢が残らないよう隅々まで磨いてください。ごしごし擦ると歯茎を傷めるので、歯ブラシは直角にあて、小刻みに動かしてブラッシングしましょう。舌に付いた白い苔のようなものも、舌ブラシを使い優しくブラッシングして落としてください。(看護師)

口臭予防のための食事や生活上の注意点

バランスのとれた食事や適切な食べ方、充分な睡眠で体調を整えましょう。体調不良があれば病院を受診してください。

高脂肪、高カロリー、臭いのきつい物や刺激物は控え、野菜中心のバランスのとれた食事を心がけましょう。レモンは唾液の分泌を促進し口臭を爽やかにし、リンゴやナシ、パイナップルは天然の歯ブラシといわれています。乳製品を摂って便秘を予防することもポイント。食事前は、耳下腺、唾液腺をマッサージし、よく噛んで食べるようにしてください。(看護師)
ストレスをためないことや、睡眠をしっかりとって疲れを残さないようにすることも大切です。気にしすぎるのもストレスになるので、ガムを噛んだりして、あまり神経質にならないようにしてください。体調不良に心当たりがあれば、病院を受診しましょう。(看護師)

しつこい口臭の原因は口腔内以外にもあるようです。適切な口腔ケアに加えて、食生活や日々の過ごし方で全身の管理をすることが大切です。気にしすぎはよくありませんが、体調不良があれば病院を受診することも一案です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加