健康

2015/06/29

歯の黒ずみの原因「バイオフィルム」を除去する方法

歯の黒ずみの原因「バイオフィルム」を除去する方法

歯の表面に頑固に付着しているとされるバイオフィルム。さまざまな口腔内トラブルの原因とされていますが、どうすれば除去できるのでしょうか。

40代男性からの相談:「バイオフィルムを除去するには?」

私は煙草を吸わないのですが、コーヒーをよく飲むせいか、歯が黒ずんでいます。一応毎日歯磨きをしているのですが、黒ずみが改善されません。知人から「歯の黒ずみはバイオフィルムという歯の表面に付着している細菌の膜のようなものが原因で、バイオフィルムを除去しなければ黒ずみは無くならない」という話を聞きました。バイオフィルムを除去するには、どうすればよいのでしょうか。歯科に行かなければだめなのですか。

正しい歯みがきと定期的な歯科でのクリーニングが大切

ばい菌の強固な砦であるバイオフィルムは、除去が非常に困難です。バイオフィルムを破壊する歯磨きの仕方を身につけることは大切ですが、それだけでは完全に防ぐことはできないため、やはりプロによるケアが必要になります。

バイオフィルム(生物膜)とは、細菌同士が寄り集まって互いを守るために膜を形成してどこかにへばりついているものです。台所の排水溝などにヌメリがありますよね、あれが典型的なバイオフィルムです。(看護師)
このバイオフィルムはネバネバ、ヌルヌルしているので簡単に洗い流されることなく、留まり続けることが可能です。また他の細菌をどんどん巻き込んで、スクラムを強化していきます。そして困ったことには、バイオフィルムには抗菌薬が効かないのです。抗菌薬はスクラムを組んだバイオフィルムの中まで浸透し、内部の細菌を殺菌することはできません。(看護師)
バイオフィルムを破壊する歯磨きとは「歯磨き粉はペースト状で研磨剤入りを使用し、歯ブラシの硬さはふつうで断面が平らなもので、歯磨きは歯に対して直角に10回以上擦る」です。これらのことを心がけて歯磨きを行いましょう。(看護師)
歯に固着してしまったバイオフィルムは素人が自分で除去することはほぼ不可能だといわれています。台所の流しのバイオフィルムは強い洗剤を使用してしっかりこすれば簡単に除去できますが、口腔内にそんな刺激の強い薬剤を使用することもできませんし、強くこすることもできません。そのため、定期的に歯科でプロによる歯のクリーニングが必要になってくるのです。通常は歯科検診は6カ月に1回が理想的と言われています。(看護師)

歯の黒ずみとの直接的な因果関係はない

歯の黒ずみの主な原因はさまざまな原因が考えられます。しかし、バイオフィルムは歯の黒ずみの間接的な原因ではありますが、直接的な関係はありません。

ちなみに歯の黒ずみなどの着色はバイオフィルムが原因ではありません。着色の原因はタバコのヤニであったりお茶やコーヒー、ワインの色素などです。(看護師)
そのほかにも、歯石や虫歯、神経が死んでいること、薬の副作用など、さまざまな原因が考えられます。バイオフィルムは歯石や虫歯などを引き起こす原因になるため、歯の黒ずみの間接的な原因になり得ますが、直接的な関係はありません。(歯科衛生士)

バイオフィルムの除去には、正しい歯磨きとプロによる定期的なケアが必要です。また、バイオフィルムと歯の黒ずみに直接的な関係はありません。着色によるものであれば歯科医院でクリーニングしてもらえますし、そのほかの原因であればそれぞれに対処法があります。一度相談してみると良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加