健康

2015/06/28

糖尿病って治らないの?ドロドロ血が血管を詰まらせる

糖尿病って治らないの?ドロドロ血が血管を詰まらせる

糖尿病は日常的にインスリン注射や人工透析が必要になったり、失明の危機すらあるといわれている恐ろしい生活習慣病。たとえ糖尿病と診断されても、治療を続けていけばいつかは完治するのでしょうか。

40代男性からの相談:「糖尿病は治りますか?」

糖尿病とは治る病気ですか。それとも一生付き合わなくてはならない病気ですか。もし治るものなのであれば、治療期間や治療法などについても教えてください。よろしくお願いします。

糖尿病に深くかかわっている「血糖値」とは

健康診断の結果で血糖値が高いと、「糖尿病にならないようにと周囲から心配されたりしますが、そもそも、血糖値というのは何の値を示しているのでしょうか。

身体を動かすエネルギー源として、血液中には常に一定量の糖分「血糖」が含まれています。身体は常に血糖値が一定量となるよう厳密にコントロールしているのですが、身体が血糖値の量をコントロールできなくなってしまった時に糖尿病を発症します。(看護師)
血糖値が低すぎると全身のエネルギー源が不足してしまい、筋肉が満足に動かない、脳が十分に機能しないという症状が起こります。一方、血糖値が高すぎると血液がドロドロになり、血管が詰まって神経障害を起こす、腎臓がうまく機能しなくなるといった症状を起こします。(看護師)

糖尿病は治るのか?

血糖値が高いということは血液がドロドロになっているということで、そこからさまざまな健康問題が生じてくるわけです。一度、糖尿病と診断されてしまうと、もう治ることはないのでしょうか。

残念ながら糖尿病は治る病気ではありません、薬を服用したり、生活習慣に気をつけたりして、一生付き合っていかなければいけない病気です。薬だけに頼らず、食生活の改善と運動を行うことで、糖尿病をうまくコントロールしていくことも可能です。(看護師)
厚生省の糖尿病ガイダンスによると、糖尿病の人は活動量に合わせた栄養素バランスの良い食事を摂取すること、適度な運動を行うことが推奨されています。必要カロリーの計算式や基本的な運動メニューの例などが厚生省のホームページで紹介されているので、一度見てみると良いでしょう(看護師)

糖尿病を患うと、その先、一生治療が必要になります。でもしかし、治らないなら気持ちを切り替えて、病気と付き合っていく方法を考えていくのが一番のようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加