体臭

2015/06/25

30代で加齢臭?!どう乗り越えるべき?

30代で加齢臭?!どう乗り越えるべき?

体臭や口臭は自分では気づきにくいものだけに、人知れず悩んでいる人は多いもの。臭いで人に不快感を与えていないか気になるところです。日々どんなことに気をつけて対策をすればよいのでしょうか。

30代男性からの相談:「加齢臭?30代でできる対策は?」

30代になってから体臭や口臭を指摘されることが多くなりました。加齢臭は40代から50代くらいの世代のものだと思っていましたが、30代でも発生するのでしょうか。常に清潔を心がけ、消臭対策も入念にしているつもりですが、有効な対策があれば教えてください。

30代~40代で発生する体臭は「ミドル脂臭」

30代から発生するミドル脂臭は加齢臭とは別物、主に頭皮から発生しています。

30代でも加齢臭が発生する方はいますが、耳の後ろや頭部付近の臭いが強く、脂っぽい汗の臭いがするのは30~40代から始まる男性特有のミドル脂臭です。ミドル脂臭は加齢臭とは別のものです。(看護師)
ミドル脂臭は、汗に含まれる乳酸が頭皮にあるブドウ球菌によって代謝・分解されて起こるものです。古い油のような臭いで、口臭や足臭の原因成分よりも感じやすく周囲から不快だと思われる成分です。また加齢臭よりも空気中に広がりやすく、皮脂が存在すると臭いは増悪します。乳酸の過剰分泌が起こる原因は血行不良です。(看護師)

ミドル脂臭を防ぐための3つのポイント

30代の体臭であるミドル脂臭を防ぐための対策として気をつけることを教えてもらいました。

1.生活習慣
生活が不規則だったり、寝不足、ストレスがたまった状態では、交感神経の作用により皮脂分泌が促進され、血管も収縮して血行が悪くなるので気をつけましょう。適度な運動は全身の血行を促進します。(看護師)
水分をとり、運動で汗をかくことで皮膚の老廃物が排出されると、汗が循環され、凝縮を防ぎます。汗はこまめにふき取り、服は取り替えましょう。(看護師)
2.食事
動物性脂肪を含む食品やチョコレートなどの甘い物はさけ、肉より魚、ビタミンを含む緑黄色野菜や果物を含む食品を中心に、バランスのとれた内容を心がけましょう。また、乳酸菌や食物繊維を含む食品で腸内環境を整え、便秘を予防してください。夜遅い食事や喫煙、飲酒も体臭を強くします。(看護師)
3.ボディケア
洗髪時は、まずお湯で充分に洗い流してから、頭皮をマッサージするように洗い、シャンプーが残らないよう充分にすすぎます。洗髪後はドライヤーでしっかり乾燥させましょう。頭皮にシャンプーや水分が残っていると雑菌が繁殖しやすく、臭いの原因になります。身体は殺菌効果のあるボディソープで、ワキの下、首や耳の後ろもしっかり洗い、よく乾燥させてください。(看護師)
ミドル脂臭は落ちにくいので、後頭部を中心にシャンプーは2度洗いをお勧めします。ボディソープは、渋柿タンニンやフラボノイドなどの消臭成分を含むものが効果的です。(看護師)

口臭は、ミドル脂臭とは別物

口臭はミドル脂臭とは無関係。口腔の消臭ケアを心がけましょう。

口臭はミドル脂臭とは関係がないといえます。原因は、歯や歯肉の問題、唾液の分泌不足、不充分なオーラルケア、病気によるものなどです。病気によるものでなければ、ガムやマウスウォッシュ、消臭効果のあるサプリメントを利用するとよいでしょう。(看護師)

30代の体臭の多くは、ミドル脂臭によるもの。規則正しい生活、バランスのとれた食事、適切なボディケアで、臭い対策の効果が期待できるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加