体臭

2015/06/22

アンモニアくさい体臭が!何か変な病気では?

アンモニアくさい体臭が!何か変な病気では?

体中からアンモニアくさい、おしっこくさいような体臭がしていることに気づくと、不快感と同時に心配になってしまいます。何かの病気のサインなのでしょうか。

30代男性からの相談:「体臭がアンモニア臭いのは、病気ですか?」

体臭がアンモニア臭いのですが、変な病気でしょうか?それとも加齢臭なのでしょうか?30代なこともあり、まだ加齢臭には早いと思うので、病気なのではないかと気になります。

腎臓や肝臓のトラブル、体調不良や激しい運動でも起こり得る

腎臓や肝臓の解毒作用がうまくいかず、アンモニア臭のする成分が作り出されてしまう場合があります。また、激しい運動などで作られる乳酸が多くなると、乳酸を含んだ汗が出てアンモニア臭のする体臭の原因となります。

体臭がアンモニア臭がする場合、肝機能低下や腎機能低下、肝臓や腎臓の疾患を疑います。肝、腎機能の低下により、解毒作用が充分に行われず、解毒の際に体内で発生したガスが血液を通して全身にいきわたり、アンモニア臭や、生臭い臭いを放つ場合があります。(看護師)
アルコールの摂取のしすぎで肝臓を酷使することが長年続くと肝臓の機能が低下してしまいます。肝臓の機能のなかにはアルコールの分解というものがあります。肝臓の機能が低下しているのであればアルコールの分解する機能も当然低下してしまいます。そうなると分解できなかったアルコールは血液に乗って体外に臭いを発してしまいます。(看護師)
汗は塩分を多く含みますが、激しい運動をしたときや、体調不良などの時は、筋肉内に乳酸が増え、血液内に流れだすため、汗も乳酸を含み、アンモニア臭を発生させることがあります。体調不良に心当たりがあれば、早めに病院で検査を受けてください。(看護師)
急激な激しい運動は避けること、。運動するのでしたら、軽い有酸素運動から始め、少し汗をかくくらいの軽い運動にしてください。気分転換を図り、睡眠をとって、ストレスや疲れを残さないようにしてください。(看護師)

アンモニア臭のような体臭には意外な原因もあった!

意外に思われるかもしれませんが、過度の食事制限など、無理なダイエットをすることによってもアンモニアくさい体臭が発生することがあるようです。

食事制限だけで有酸素運動をしないダイエットをしてしまうことでも体臭が発生することがあります。(看護師)
過度の食事制限を続けてしまうと体内の糖分が不足します。糖分は生命を維持するうえで重要な役割をもっているので、糖が不足すると生命維持のために肝臓がケトン体を生成して、そのケトン体が糖の代役となるのです。ケトン体は揮発性があるため体臭や呼吸として体外へ排出されやすいという性質があります。これはケトン臭といわれますが、アンモニアに近いような臭いでもあります。(看護師)

体臭がアンモニアくさい場合、肝臓や腎臓の不調により毒素の分解が不十分であること、体調不良や激しい運動により乳酸まじりの汗が出ること、そして食事制限だけのダイエットをすることといった原因が考えられます。気になる場合は一度きちんと検査を受けたり、生活を見直してみると良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加