ED

2015/06/19

スイカを食べて精力UPは本当か!?

スイカを食べて精力UPは本当か!?

暑い夏、スイカを食べれば夏バテ予防になるとよく言われます。このスイカにはシトルリンといって、ED(勃起不全)の改善に効果的な成分が含まれているようですが、果たしてスイカを食べると精力が増強するのでしょうか。

40代男性からの相談:「スイカに含まれるシトルリン。どの程度食べればよい?」

スイカというと水分ばかりで解熱効果のイメージしかないのですが、スイカの中に含まれるシトルリンという成分がEDの改善に役立つと聞きました。ただ、スイカを食べても精力がアップした気にはなれないのですが、どの程度摂取すればよいのでしょうか。(40代・男性)

一酸化窒素を増やし血管拡張

シトルリンは体内でアルギニンに変換され、一酸化窒素を増やす働きがあります。アルギニンは勃起不全によいとされる物質で、また一酸化窒素の血管拡張作用がペニスへの血流をよくして勃起を助ける効果があるようです。

シトルリンはアミノ酸の一種で哺乳類の身体の中に多く存在し、摂取すると体内でアルギニン(EDによいとされている物質)に変換されます。シトルリンはアルギニンよりも身体に吸収されやすいため、アルギニンそのものを摂取するよりシトルリンを摂り、体内でアルギニンに変換させた方が効率がよいのです。(看護師)
シトルリンは体内で一酸化窒素を増やす働きがあり、一酸化窒素が増えるとペニスの血管が拡張します。勃起をするにはペニスの血流をよくする必要があるため、シトルリンは勃起をする手助けになるのです。(看護師)
シトルリンは身体の血液循環をよくする働きがあり「ペニスに流れ込む血液量を増やしてペニスを充分に勃起させる」というのが、俗に言われている精力増強作用だと考えられます。しかし、あくまでも血液循環をよくする効果があるということで勃起力を高めるわけではないので、精力がアップするという程度に理解しておくとよいでしょう。(看護師)

スイカでは高い効果は期待できない

スイカは、EDを改善する成分であるシトルリンも含まれています。しかしスイカを大量に食べたからと言って、それだけで精力が目に見えてUPするということはないと看護師さんは説明しています。

スイカは一般的な大きさ3〜5kg(大体バスケットボール程度)を1/2個食べると効果を実感できるそうです。スイカの約90%は水分ですがビタミンやミネラルなどが豊富に含まれ、夏バテ予防や疲労回復の効果もあり暑さから身体を守ってくれる強い味方です。(看護師)
スイカを一度に大量摂取したとしても必要量以上は全て排出されてしまうので、一度に食べるよりは継続して摂取する方がよいでしょう。(看護師)
スイカは水分が多いので血流の改善は図れそうですが、それだけで精力が上がるのでしょうか。もしそうだとすれば、血液循環をよくする薬を服用中の人はかなりの精力の持ち主ということになりますが、実際にはそんなことはありません。勃起には血液が海綿体に充分に満たされることも重要ですがそれだけではないので、あまり大きな効果は見込めないでしょう。(看護師)

確かにスイカにはEDによいとされるシトルリンが含まれており、食べると血流をよくする作用があるようです。しかしスイカだけ食べて精力が増強するわけではないので、あまり過度な期待はしない方がよいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加