薄毛

2015/06/15

気になる植毛、その方法とは?

気になる植毛、その方法とは?

薄毛に悩む人なら誰もが気になる植毛。今回は、植毛方法に関する質問です。

50代男性からの質問:「植毛のやり方はどのようなものか」

植毛に関心があります。育毛や増毛のことは話を聞いたり本で読んだりしてきましたが、ハゲた部分にどうやって髪を定着させるのでしょうか。また、実際に植毛するときのやり方はどのようなものでしょうか。

植毛方法は大きく分けて2種類

植毛には、人工的につくられた毛を植毛する「人工植毛」と、自毛の毛根を移植する「自毛植毛」の2種類あるといいます。

植毛の方法として、「人工植毛」と「自毛植毛」の2種類があります。人工植毛は、人工的につくられた毛を直接頭皮に埋め込む方法です。自毛植毛は、他の場所の毛根を頭皮に移植することで薄毛の部分に毛根を再生させるというものです。(看護師)
移植には、ニードル法と呼ばれる技術が用いられることが一般的です。これは、特殊な植毛針で移植する毛を手で植え込みます。頭皮の傷が小さく、角度や方向、間隔も自在に調整できるというものです。(看護師)
自毛植毛は、後頭部よりドナーとなる毛根を頭皮と一緒に幅1cm、長さ10~20cmの細長い帯状に浅く採取します。採取された毛根は植毛が必要な部分に合わせ、自然な仕上がりになるよう植毛が行われます。費用はドナー採取面積1.0平方cmで約27万円です。また、切らずに2~3本毛の束ごと頭髪を後頭部や側頭部からくり抜き、植毛する方法もあります。費用は100株植毛で約32万円です。(看護師)

デメリットはどちらの植毛法にも。

人工植毛も自毛植毛も、どちらもそれぞれデメリットを伴うようです。

人工毛植毛は人工的な髪の毛を頭皮に植えこむため、拒絶反応や感染症が起こる可能性があります。定期的な補毛や、日頃のケアも必要になります。(看護師)
自毛植毛の場合は自毛なので拒絶反応がなく、高い生着率(90~95%)で、植毛した毛も年齢とともに白髪になり自然に仕上がりますが、自毛植毛できる本数はドナーの数次第で植毛の範囲が限られ、1回の手術では密度が薄いため数度の手術が必要になります。髪が増えるまでに時間がかかり、ドナーを採取した部分に傷跡が残るといったデメリットもあります。(看護師)
これらの方法は近年開発された比較的新しい薄毛対策であり、まだ長期的なデータが存在していないことから、医学的に安全性が完全に確立されていないのが実情です。(看護師)

人工植毛と自毛植毛、どちらの植毛方法にもメリットとデメリットがあるといいます。費用も高額になることから、植毛を検討する際は複数の専門科を受診し、十分納得した上で行うのが良いでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加