薄毛

2015/06/07

男性型脱毛症(AGA)対策はシャンプーでできますか?

男性型脱毛症(AGA)対策はシャンプーでできますか?

薄毛が気になるけれど、病院へ行ったり、薬を使った治療には抵抗がある人もいるでしょう。日々必ず行う頭髪ケアといえば洗髪。普段使うシャンプーでAGA対策はできないものでしょうか。

40代男性からの相談:「AGAは薬を使わずシャンプーで治りますか?」

AGAはシャンプーで治りますか。薬は使いたくないので、もしシャンプーで治るなら、効果があるものを教えてください。また、シャンプーは毎日したほうがよいのでしょうか。効果的なシャンプーの仕方も知りたいです。

AGAは男性ホルモンによるもの、シャンプーでは治りません

AGAは男性ホルモンが関与しているので、シャンプーでホルモンを抑制することはできません。シャンプーは頭皮の環境を整えるのに有効なもの。薬ではない、育毛剤入りのシャンプーなども試してみてもよいかもしれません。

AGAには男性ホルモンが大きく関係しているので、シャンプーの種類や使い方を変えたとしても、ホルモン分泌を抑制することは不可能です。シャンプーで対策できるのは、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌など、頭皮環境が悪くなった場合の薄毛に対してです。「薬は使いたくない」とのことですが、もし育毛剤入りのシャンプーやサプリメントなら試してもよいと思われるなら、取り入れてみてはいかがでしょうか。(看護師)

頭皮の健康を保つため、シャンプーは自分に合ったものを

頭皮を傷めぬよう、自分に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。石鹸シャンプーや馬油シャンプーは頭皮や髪の健康を保つのによいとも。頭皮環境を整えることが育毛促進につながります。

自分に合わないシャンプーは、頭皮を傷め、フケやかゆみ、抜け毛を促進し、育毛の妨げになります。シャンプーを選ぶ際には、界面活性剤を含まず低刺激で、天然素材、アミノ酸系、無添加のものなど、自分の肌にあったものがよいでしょう。(看護師)
石鹸シャンプーは薄毛に効果があるといいますが、泡立ちや指すべりが悪く洗いにくい、洗髪後にごわつくなど、使用感はあまりよくないようです。しかし使い続ければ、自然治癒力に働きかけ、髪にコシやハリが出るといわれます。馬油シャンプーは髪に優しいアミノ酸系の洗浄成分を含み、乾燥によるフケやかゆみを抑えます。いずれにしても、頭皮の環境や髪を健康な状態に整えた結果、間接的な育毛効果があるということです。(看護師)

シャンプーで清潔に、洗いすぎないこともポイントです

頭皮を健やかに保つためには、正しいシャンプーの仕方も重要です。

まず湯船につかって毛穴を開かせてから、髪をお湯でよく洗い流します。シャンプーは手で泡立てて、頭皮をマッサージするように洗います。そしてシャンプーが残らないように、充分洗い流してください。毎日のシャンプーは、頭皮の清潔を保つため行った方がよいのですが、洗いすぎは逆に頭皮を傷めます。髪がべとついていなければ、シャンプーは一日おきにし、その間はお湯で洗い流すだけでよいでしょう。(看護師)

AGAは男性ホルモンの関与が大きいので、シャンプーで直接治すことはできません。しかし、肌に合ったシャンプーを選び適切な洗髪をすることで、頭皮や髪の健康を保ち、育毛環境を整えることができます。AGA対策用のシャンプーやサプリメントもよければ試してみるとよいでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加