薄毛

2015/06/07

薄毛になる前に今すぐできることは?

薄毛になる前に今すぐできることは?

薄毛の原因には、遺伝や男性ホルモンの作用など、どうしても避けられないことがあります。けれども日々のケアや予防効果のあるものを使用することで、脱毛を遅らせることは可能かもしれません。薄毛になる前に、今すぐ始められる対策方法は何でしょうか。

30代男性からの相談:「薄毛になる前からできる、育毛に効果的な方法は?」

育毛に一番効果があるのは、どんな方法でしょうか。親も薄毛で、遺伝的に自分もいずれそうなると思うので、早いうちに対策したいです。一番効果があるのは、シャンプーやトニックなど直接頭皮に使うものでしょうか。食べ物やサプリなど、効果があるものがあったら何でも試したいので教えてください。

育毛への効果は人それぞれ、まずは生活習慣を見直して

まずは原因を見定めて。自分のタイプにあった対策が必要です。

抜け毛・薄毛の原因として「遺伝的なもの・男性ホルモン・生活習慣・頭皮への血流の悪さ」が挙げられます。遺伝や男性ホルモンは変えられない要素ですが、今のところ脱毛で悩んでいないのであれば、頭皮への血流の悪さはないのだと思います。育毛への効果は人それぞれですが、今は特に何か使用するよりも、生活習慣を見直すのがよいでしょう。(看護師)

頭皮のケア、規則正しい生活と食事のポイント、サプリについて

薄毛予防のためにできることは、頭皮の正しいケア、ストレスをためず充分な睡眠がとれるような規則正しい生活、バランスの良い食事をとることです。サプリや育毛剤の効果には個人差があるので、使用するなら専門家と相談しましょう。

なるべく帽子をかぶらないようにすること、整髪剤は毛根に付着して毛穴を詰まらせるので、使用しない方がよいです。定期的にヘッドスパを利用して頭皮を清潔にし、血行を良くするのもよいでしょう。シャンプーは、界面活性剤を含まない低刺激、天然素材、アミノ酸系、無添加のものを選びましょう。界面活性剤が含まれているものは洗浄力が強いので、頭皮を傷つけて乾燥させたり、フケ、かゆみ、抜け毛の原因になります。(看護師)
不規則な生活はホルモンバランスを崩しやすく、睡眠不足となり、ストレスもたまります。疲れやストレスは抜け毛の原因になるので、気分転換をしたり、充分な睡眠をとりましょう。食事は、インスタント食品やレトルト、コンビニのお弁当や甘い物など、高脂肪、高カロリー、添加物を含むものを控えます。飲酒、喫煙も控え、野菜、果物、繊維質を含む海藻類やキノコ類を選び、肉より魚を中心にバランスのとれた食事を心がけましょう。(看護師)
男性ホルモンの一つが5αリダクターゼと反応して男性型脱毛症の原因物質になります。この5αリダクターゼを抑制する作用のある食物を心がけて摂取することも、効果的かもしれません。(看護師)
育毛剤やサプリは色々な種類があり、効果には個人差がありますから、もし使用するなら、薬剤師や専門医のカウンセリングを受けて自分に合ったものを選びましょう。(看護師)

薄毛の原因には遺伝的なもの、男性ホルモンの作用、生活習慣、頭皮の血流が挙げられますが、すぐにできることは生活習慣を見直して改善できることを実行することです。育毛剤やサプリは効果に個人差があるので、薬剤師などに相談して使用するとよいでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加