薄毛

2015/06/07

男性型脱毛症(AGA)対策に一番効果的なことは?

男性型脱毛症(AGA)対策に一番効果的なことは?

働き盛りの男性はどうしても生活が不規則になりがち。カロリーの高い食事に運動不足、睡眠不足にたまるストレスなど。そんな生活が実は薄毛の原因かもしれません。AGA対策として具体的にどんなことに気をつけたらよいでしょうか。

40代男性からの相談:「AGA対策に一番効果的な方法は何ですか?」

AGA対策としては、何が一番効果的でしょうか。病院へ行くことも考えていますが、その前にできる対策をしておきたいと思います。生活習慣や食生活などで、注意した方がよいことがあれば教えてください。

まずは規則的な生活を、睡眠不足やストレスに気をつけましょう

バランスのとれた食事、適度な運動、充分な睡眠、ストレスをためないことが頭皮の血行を良くし、頭髪の成長を促します。

日常生活でできる対策は、規則的な生活、バランスのとれた食事、適度な運動で汗をかき、全身の血行をよくすること、頭皮のケアなどがあります。不規則な生活だと睡眠不足になり、ストレスもたまりやすくなります。睡眠不足になると髪の成長ホルモンの分泌が低下し、ストレスは頭皮の血行を悪くするので、脱毛を促進させてしまいます。(看護師)

食事やサプリメントについて

高脂肪、高カロリーの食事を避け、髪の栄養となる栄養成分を含む食品を中心にバランスよく食べましょう。サプリメントを利用すると必要な栄養成分が継続的に摂取できます。

高脂肪や高カロリーの食事を頻繁に摂取し続けると、血液がどろどろになり全身の血行が悪くなります。その結果、頭皮の皮脂が増え、毛根がつまりやすくなることが脱毛の一因になります。髪の栄養となるタンパク質やミネラル、ビタミンなどを中心に、血液をさらさらにする食事を心がけましょう。(看護師)
どんなに効果的な育毛剤を使用するとしても、まずは口から栄養を摂取することが前提です。髪に必要な栄養が不足してしまうとAGAに関係なく薄毛の原因となります。必要な栄養成分は、たんぱく質、亜鉛、ビタミンB・E群、アミノ酸、ミネラル群、ノコギリヤシ成分などです。サプリメントも利用すると、栄養成分が継続的に摂取できて効率がよいでしょう。(看護師)

眼精疲労を避け、適切な洗髪で頭皮の健康維持を

スマホなどの使用で起こる眼精疲労も、頭皮の血行不良につながります。シャンプーは低刺激の物を選び、丁寧に洗髪して頭皮の健康を保ちましょう。

最近はスマホやパソコンの使用による眼精疲労が増えており、これも頭皮の血行不良の原因となっています。時々目を休め、肩のこりをほぐしてください。(看護師)
シャンプーは、自然素材で低刺激のアミノ酸系や無添加のものを使用しましょう。髪の汚れはお湯でほとんど落ちるので、シャンプーの前によく洗い流します。シャンプーは充分すすぎ、洗った後はドライヤーでよく乾かしましょう。髪にシャンプーや水分が残っていると、毛根に雑菌が付着しやすく、抜け毛の原因になります。(看護師)
AGA対策は、原因によって異なりますし、個人差があるので、すぐに効果が出ない場合もあります。根気強く持続して行うことが大切です。(看護師)

自分でできるAGA対策は、規則正しい生活習慣を心がけ、バランスのよい食事、充分な睡眠とストレスの解消、適度な運動がポイントです。またスマホなどによる眼精疲労を避け、適切な洗髪で頭皮の健康を保ちましょう。これらを継続して行うことが大切です。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加