健康

2015/06/06

排尿痛と残尿感は何かの病気のサイン?

排尿痛と残尿感は何かの病気のサイン?

一日に何度も行くトイレなので、排尿トラブルがあると気になります。相談者の方は、排尿時に痛みを感じ残尿感もあるため何か病気ではないかと心配しているようですが、どのようなことが考えられるのでしょうか。

40代男性からの相談:「排尿時の痛みと残尿感。原因は何?」

最近、排尿時に痛みを感じたり残尿感があってすっきりしないことがあります。毎日のことなので早めに解決したいと考えていますが、病気の可能性はあるのでしょうか。何かよい改善策があれば教えてください。

膀胱炎である可能性も

痛みの部位にもよりますが、一番考えられる可能性としては膀胱炎だと看護師さんは説明しています。その他にも性病や前立腺炎なども似たような症状が起こりますが、詳しい診断のためには病院を受診した方がよいでしょう。

前立腺炎ではあまり排尿初期から痛みを伴うことがないので、膀胱炎の可能性が高いと思われます。膀胱に何らかの原因で細菌が入り、炎症することで排尿時に痛みが起こりますが、性感染症でも同じような痛みが起こることもあります。痛みとともに強い尿意を感じるようになったら、早めの病院受診が必要です。(看護師)
排尿時にどこが痛むのかも重要ですが、まず排尿時の痛みで疑われるのは尿道炎、前立腺肥大、前立腺炎、膀胱炎、尿道結石、膀胱結石などが挙げられます。また性病でも排尿時に痛みを感じることがありますが、性病であれば何かしら心当たりや他の症状もあるはずです。(看護師)
膀胱炎は排尿時痛の発生頻度が最も高い病気とされ、尿道口から大腸菌などの雑菌が侵入して膀胱内で炎症を起こします。排尿が終了するあたりで尿道に痛みを感じ、残尿感を伴うこともあります。前立腺炎の場合は排尿開始あたりから痛みを感じ、膀胱炎と同様に残尿感を伴うことがあり頻尿症状も出ます。結石の場合は体外に排出しないと痛みは取れず、これは排尿によって排出可能ですが、結石が大きいと排出されずに痛みが続きます。(看護師)

多めの水分摂取で排尿を促す

とりあえずできることとして、たくさんの水分を摂って排尿し、細菌や雑菌を体外に出してしまうことです。しかし痛みがひどい場合は、病院を受診して抗生剤を処方してもらった方がよいでしょう。

できるだけ水分を摂るように心掛け、雑菌・細菌を排尿として体外に排出しましょう。しかし抗生剤を使用した方がよいですし、まず原因を突き止めるため、早めに病院を受診した方がよいかもしれません。(看護師)
あまり痛みがあるようなら、泌尿器科を受診して抗生剤を処方してもらうことが必要ですが、まずはなるべく水分を摂るようにして膀胱にある細菌を洗い流すようにしましょう。排尿量が多いほど細菌は流れやすくなり、回復も早いです。(看護師)

それ程痛みが強くないようなら、まず十分な水分摂取を心がけたくさん排尿するようにしましょう。痛みがひどくなったり強い尿意を感じるようなら、すぐに病院を受診した方がよいようです。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加