薄毛

2015/06/04

いったん剃れば太い毛が生えて薄毛が治る?これ本当?

いったん剃れば太い毛が生えて薄毛が治る?これ本当?

毛を剃ると、そのあとに太い毛が生えてくると考えている人は少なくありません。ハゲ始めたらいったん剃ってしまい、太い毛が生えてくるのを待つのが良いのでしょうか。

40代男性からの相談:「ハゲてきたら毛は剃るのが良い?」

毛を剃ると、剃ったあとに太い毛が育つと聞きました。なので、ハゲそうな場合は毛を剃ると、一時的に髪の毛は減るがその後、太い髪の毛が生えてくる、と考えています。といってもそんなことで薄毛が解消されることはない気がしており、これは間違っているのでしょうか。

真相:剃っても同じ

残念ですが、毛を剃っても前と同じ程度の毛しか生えてきません。逆に頭皮を傷つける心配もあり、おすすめできないとのことです。

毛髪を剃ったとしても、次に生えてくる毛髪の性質が変わることはありません。そのような研究の発表もありません。おっしゃるように「間違っています」。毛髪を剃ることで毛髪が太くなることはありません。(看護師)
髪の根元をよく見てみると、少し丸みがかっているかと思います。この部分は「毛根」と呼ばれ、体毛のうち皮膚の内部に存在する部分のことを指します。
髪の毛を剃るという行為は、この毛根ぎりぎりの部分まで髪の毛を剃ることとなり、髪の中でも丸みを帯びている部分が徐々に伸びていくことから、一時的に「太い毛」が生えているように見えますが、実際には以前生えていた髪と同じ太さの髪の毛が生えてきます。(看護師)
剃ることで頭皮を傷つける恐れがあり、むしろ発毛を妨げてしまう恐れもありますので、発毛を促すために髪を剃る、というのは発毛方法としてお勧めできません。(看護師)

薄毛の原因を突き止めるのが近道

一括りに薄毛といっても、その原因はさまざま。原因によって有効な対策が違うため、まず自分の薄毛の原因を把握し、それに合った対策をとる必要があります。

薄毛の改善を望むのであれば、薄毛の原因を探して特定することが改善の近道です。原因がわかってしまえばその原因を除去したり補えばよいのです。(看護師)
薄毛には、大きく分けて4つのタイプがあります。
1.髪の毛への血行不良
2.男性ホルモンによるもの
3.皮脂量によるもの
4.頭皮が緊張しているもの (看護師)
このうち、血行不良でしたら育毛剤などを使用して血行を促進する、男性ホルモンによるものはCMでもよくみる「AGA(男性型脱毛症)」と呼ばれるものなので専門医の診察を受ける、皮脂量によるものだったらまずは頭皮を今以上に清潔に保つ、などそれぞれアプローチ方法が違います。そのため、まずは自分がどのタイプの薄毛なのかを把握することが大切です。(看護師)

髪の毛を剃っても、そのあとに太い毛が生えて来て薄毛が治る、ということは残念ながらありません。見た目が太く見える場合はあっても、実際には以前と同じ太さの毛しか生えず、かえって頭皮を傷める原因にも。薄毛の対策はまず原因を突き止め、それに合った方法で合アプローチするのが近道です。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加