薄毛

2015/05/31

薄毛の原因はズバリこれ!

薄毛の原因はズバリこれ!

薄毛が気になり始めると、ドラッグストアや量販店でヘアケア製品を買い求めたり、髪に良いといわれるものが気になるようになりますが、原因によっては自分ではどうにもならないケースもありそうです。

30代男性からの相談:「髪の毛が抜ける理由の一番は?」

髪の毛が抜ける理由はいろいろあると思うのですが、抜け毛の原因で最も多いのは何なのでしょうか。私は洗髪時に爪を立てずに洗うなど、できるだけ頭皮に優しい洗髪を心がけていますが、他に注意すべきことがあれば教えてください。

薄毛にはいくつかのタイプがある

普段の食生活や生活習慣、血行不良など、薄毛の原因にはさまざまなことがあるといわれています。医療機関やクリニックでは、一般的に以下のようなタイプに分けられていて、そのタイプによって治療、処方が行われるようです。

薄毛といってもそのタイプはさまざまです。一般的にいわれている主な原因は以下の4つです。
1.髪の毛に栄養を届ける血液の循環が悪いため、栄養が行き届きにくく、髪が細くなったり抜けたりしてしまう。
2.新しい髪の毛の細胞の分裂が男性ホルモンによって妨げられ、新しい髪の毛が生えにくい。
3.皮脂が多く、毛穴が皮脂で埋まったり、皮膚に炎症を起こしてしまうことで髪の成長が妨げられてしまう。
4.頭皮が成長によって通常よりもピンと張った状態で、髪の毛に栄養を届ける血液の循環が悪くなって栄養が行き届きにくくなる。(看護師)

抜け毛の一番の原因は?

頭皮環境や男性ホルモン、皮脂など、薄毛にはさまざまな原因があるようですが、専門家の間でもどれが抜け毛の一番の原因かという点については意見が分かれているようです。

抜け毛の原因で一番多いのは、男性ホルモンによるものだといわれています。これは、テレビのコマーシャルなどでもよく聞く「AGA(男性型脱毛症)」と呼ばれるものです。AGAが原因の薄毛は、専門医による治療によって改善が期待できます。(看護師)
抜け毛の一番の原因は、必要以上に溜まった頭皮のストレス。ストレスに影響を受けた毛根や頭皮の状態はさまざまです。薄毛の原因には、乾燥が進んだことによる毛根の栄養不足や、毛根に溜まった汚れの排出が過剰な頭皮の油分に妨げられて毛根がふさがり新しい髪が生えてこられなくなっていることなどがあります。薄毛を解消するには、頭皮や毛根のストレスとなることを取り除いてあげることが大切です。(看護師)

薄毛が気になる方にとっては、どうやら、自分がどのタイプであるかを見極めることが薄毛治療の第一歩だといえそうです。気になりだしたら、まずは医療機関へ相談してみるとよいでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加