薄毛

2015/05/26

薄毛予備軍?抜け毛が増えた!効果的な抜け毛対策とは?

薄毛予備軍?抜け毛が増えた!効果的な抜け毛対策とは?

シャンプー時の排水溝、起床時のまくらカバーなど、抜け毛が増えてしまったことに気づく瞬間はショックを受けるものです。どうすれば抜け毛を減らせるのでしょうか。

40代男性からの相談:「抜け毛予防は何が効果的ですか?」

薄毛ではありませんが、最近抜け毛が増えたように思います。薄毛にならないよう、よく洗髪はしていますが、抜け毛が少なくなる最も効果的な対策を教えてください。

洗髪のしすぎは逆効果

弱った毛根にとっては、間違った洗髪によるストレスは命取り。不必要な抜け毛の増加につながります。洗髪は1日1回にとどめ、その中で2度に分けた洗い方をするのが負担が少なくおすすめです。

抜け毛が少なくなる最も効果的な対策ですが、抜け毛には個人差があるため、最も効果的な対策は人それぞれだと言われています。(看護師)
人間は一日に抜ける髪の量は大体平均で決まっていると言われています。ですが、毛根が必要な栄養を蓄える事ができずに髪にまで栄養がいきわたらず、髪が痩せ細り、少しのストレスでも髪が耐え切れずに抜けてしまう状態になると必要以上に抜け毛が増えてしまいます。そうなると髪を洗うのも必要以上の洗い過ぎには注意しなければなりません。(看護師)
過度の洗髪や、逆に洗髪を怠って不衛生にするのは抜け毛の大きな原因となります。洗髪は一日に1回くらいが適当とされています。自分の髪や頭皮に合わないシャンプーを使ったり、十分なすすぎを怠ったり、頭皮を痛めるような洗髪は、抜け毛にとって大きな問題です。(看護師)
髪を1回だけ丁寧に洗うよりは、1回の洗う時間は少なくても2回洗う事で頭皮を傷つけずにきちんと毛根の奥の汚れまで洗い落とすのでとても有効な洗い方です。1回目はあまり泡立たなくても全体を軽く洗う程度にし、2回目は毛根をマッサージする様に洗ってください。2回ともシャンプーを直に頭皮につけるのではなく、軽くでも泡立ててから髪や頭皮につけるようにすることも大事なので行ってみてください。(看護師)

喫煙や睡眠時間も重要なファクター

喫煙や睡眠時間の不足は、髪の健やかな成長を妨げてしまいます。これらの習慣を見直し、生活を整えることも、抜け毛対策においては欠かせない一部分であるといえます。

喫煙は末梢血管を縮小させ、毛根周辺の血管にも悪影響です。そして、髪の毛は夜間に成長します。就寝中、皮膚に十分な血液が流れることにより、髪の成長が十分に行われます。夜ふかしをすると、毛母細胞の分裂は低下してしまいます。(看護師)

抜け毛を少なくするには、まず洗髪のしかたに注意することが大切です。弱った毛根に負担をかけない洗い方を身につけましょう。また、喫煙や睡眠の習慣を見直すことも、抜け毛を減らすことにつながります。今の段階で対策を実行し、薄毛への進展を食い止められたら良いですね。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加