ED

2015/05/31

精力UPで注目されるアシュワガンダとは?

精力UPで注目されるアシュワガンダとは?

朝鮮人参やマカなど、精力増強効果で知られる植物には色々ありますが、アシュワガンダもそのひとつ。今回は、近年精力UP効果が注目されるアシュワガンダについての質問です。

40代男性からの質問:「アシュワガンダは精力を上げる?」

抗がん作用や抗老化作用があると言われているアシュワガンダですが、精力アップにも期待できると言われています。アシュワガンダ自体は木だそうですが、具体的にはどんな成分で、どのような作用が期待できるのでしょうか。

ストレス軽減効果から、精力UPに期待が

アシュワガンダは、ストレス軽減作用を持つことから、心因性の勃起障害への効果が期待できるといいます。

アシュワガンダはインドに生息するナス科の植物で、高麗人参と効果が似ていることから、インド人参とも呼ばれています。(看護師)
成分を調べてみると「アルカロイド類、ステロイダルラクタン類、サポニン類、鉄などのミネラルも含まれる」とあります。これらの成分は体力増強・疲労回復、免疫力の増進、抗炎症作用、精神的・肉体的ストレス軽減があるそうです。(看護師)
元々は先に述べたような効果を期待されていたのですが、近年の研究で抗がん作用と精力増強の効果があることがわかりました。抗がん作用としては、がん細胞の増殖を防ぎ、また直接的に死滅させる効果も報告されています。その他、抗がん剤や放射線治療などの効果を高めて副作用も軽減できるということです。(看護師)
精力剤としての効果は、ストレス軽減作用で期待されています。これは、心因性の勃起障害でのみの効果で期待されています。過去の性的なトラウマや不安を軽減する効果があるとさています。(看護師)

摂取量に要注意

毎日摂取することで効果が期待できる一方、長期摂取や過剰摂取に不安視する声も。

アシュワガンダは、葉と根の部分を乾燥させた物がお茶として市販されており、毎日飲用すると、より効果的と言われています。(看護師)
短期間の使用には問題ないようですが、長期に渡っての使用や過剰摂取については、安全性が確立されていないようなので、用量、用法は必ず守ってください。(看護師)

疲労回復や抗がん作用で知られるアシュワガンダ。ストレスを軽減する作用も持つことから、性的なトラウマや不安を軽減し、心因性の勃起障害での効果に期待できるようです。一方、長期摂取、過剰摂取は安全性が確立されていないといいます。利用する場合は、用量、用法を守りながら取り入れると良いでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加