ED

2015/05/29

精力回復のためには運動するとよい!?

精力回復のためには運動するとよい!?

年齢を重ねるにつれ、精力に衰えを感じるという人は多いようです。精力UPに効果的なドリンクやサプリなどはありますが、運動をするとアドレナリンの分泌により精力が増すというのは、本当なのでしょうか。

40代男性からの相談:「精力増強には運動が効果的?」

40代になり徐々に精力が落ち始めたので、どうにかして食い止める方法はないかと探していたところ、運動をするとアドレナリンが出て自然と精力が増すとの情報があったのですが、これは事実なのでしょうか。

アドレナリンの減少は性欲低下につながる

運動不足や加齢などによって体内のアドレナリンが減少すると、運動神経が鈍くなったり性欲の低下にもつながり、また勃起もしにくくなると言われています。

運動はアドレナリンの分泌を促すため、気分を高揚させる効果とリフレッシュする効果があると言われています。また勃起というのは、平滑筋の収縮運動による部分が大きいですが、運動不足だとこの平滑筋の動きも低下してしまうため勃起しにくくなると言われています。(看護師)
アドレナリンは神経伝達物質で、運動調節・ホルモン調節・快楽・意欲・性・学習などに関わっています。加齢やストレスなどによって体内のアドレナリン分泌量が減少すると、運動神経が鈍ったり意欲がなくなったり性欲が低下したりします。 (看護師)

有酸素運動が効果的

運動をするとアドレナリンが分泌されますが、その際有酸素運動が効果的だと看護師さんは説明しています。少し汗をかく程度の運動を毎日続け、その他にも食事や睡眠といった生活習慣も大切です。

運動は、有酸素運動がよいと言われています。有酸素運動はウォーキングやジョギングや水泳などが一般的ですが、普段運動しない方が急な運動をすると身体に過負荷を与えてしまうため、最初はウォーキングなどから始めるとよいでしょう。(看護師)
有酸素運動をすることでアドレナリンが分泌されます。毎日10~30分程度の軽い運動をすると、運動中のアドレナリンの分泌量が増えるだけでなく、日常的にもアドレナリンが分泌されやすくなります。ただ、毎日運動をしないとアドレナリンを分泌する器官の感受性が落ちて分泌が促されにくくなるので、継続することが大切です。(看護師)
運動は激しいものでなくても、30分程度のウォーキングやエレベーターを使わずに階段を利用する、軽いジョギングをするなど少し汗をかくぐらいの運動でも効果があります。特に下半身を鍛える運動が有効といわれており、運動をすることで全身の代謝を高め男性ホルモンの分泌も促進されます。(看護師)
運動の他にも、バランスのとれた食事や睡眠をよくとり、飲酒・喫煙を控えることも大切です。食事はビタミンB群を多く含むものがよいと言われているので、ウナギや牡蠣、ニラや山芋やゴボウなどを摂るとよいでしょう。(看護師)

運動をすればアドレナリンが分泌され、精力がUPするというのは本当のようです。毎日継続しないと効果は出ないので、ご自身のライフスタイルに合わせできる運動から始めるとよいでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加